大学案内

学長CrossTalk
 ~警察・消防~ 公務員試験合格者

平成26年度公務員試験に合格した学生と学長の対談です。
公務員をめざしたきっかけ、公務員試験合格の決め手などについて語ってもらいました。


学長

<佐藤学長> 公務員試験合格おめでとうございます。本日は、公務員採用が決まったみなさんに、どんな大学生活を送れば希望を叶えることができるのか伺います。公務員を目指す後輩や高校生の参考になるように、いろいろ聞かせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

<佐藤学長> まずみなさんが公務員になりたいと思ったきっかけを教えてください。

茨城県警察本部合格 小野崎さん[小野崎] 高校の柔道部顧問の先生に進路の相談をした際、警察官という道があることを教えてもらいました。もともと警察官を目指して柔道を始めた訳ではなかったのですが、それから警察官の仕事に興味をもち、公務員試験に強い中央学院大学に入学することを決めました。

[佐藤] 中学生の頃、警視庁に勤務していた祖父が関わっていた事件についての新聞記事を読みました。かっこいい祖父の姿に、自分もその様な仕事に就きたいと思ったことがきっかけです。高校の先生に、警察官を目指すなら中央学院大学が良いのではないかと勧められました。

警視庁合格 佐藤さん[村田] 昨年車に乗っている時、信号無視をしてきた車に衝突され、運転をしていた友人が怪我をしてしまいました。その車は盗難車で、更に運転手は無免許運転だったことが分かったのですが、警察の方に事故の対応をしていただく中で、警察官という職業に興味を持ちました。それまで進路について悩みや迷いもありましたが、その事故が警察官になることを決断するきっかけとなりました。

[御山] 就職を考えるにあたり、祖父が消防官であることや、消防官の友人の話しを聞き刺激を受け、今年に入ってから目指し始めました。

<佐藤学長> みなさん、身近な方から影響を受けたりアドバイスされたりして公務員を目指すようになったんですね。私も大学の教員になろうと思ったのは、学生時代に指導を受けた先生の影響です。教員になってからもいろいろ助言してもらったりしています。みなさんも仕事をするようになって身近に相談できる人がいると心強いですね。

 

次のページでは、 公務員を目指す上で役立ったことなどについて尋ねます。