キャンパスライフ

ピア・サポーターの活動

新2年生対象学習支援(3月)

 この取り組みは、学びの場での出会いを広め、修学意欲を高めて次年度の単位取得につなげていくことを目的としています。ピア・サポーターと呼ばれる上級学生が、新2年生に対して、自分の経験に基づく大学生活でのアドバイス等を行います。

中央学院大学のピアサポーター

 実際は単なる「学習支援」にとどまらず、友達作りの出会いの場でもあります。また、小さな不安をひとつでも解消できれば、本人のためだけでなくピア・サポーターを務める学生にとっても成長の場になります。初対面の緊張をほぐすレクリエーションでスタート、小グループに分かれてからは質問カードを使いながらお互いの自己紹介をすることで楽しくコミュニケーションをすすめ、その後は卒業までの履修・学習計画、コース別履修方法、講義の受け方、ノートの取り方、テスト勉強の仕方、レポートの書き方、就職・公務員試験のこと、ゼミでの発表やレジュメの作り方、その他先輩の体験談等についてピア・サポーターからアドバイスや情報提供が受けられます。

「何でも相談コーナー」「履修相談」窓口開設(4月)
中央学院大学のピアサポーター 新入生を迎えてキャンパスが活気づく4月に、ピア・サポーターによる「何でも相談コーナー」と「履修相談」の窓口が開設されました。
 6号館1階で開設した「何でも相談コーナー」では、授業のことや課外活動など、学生生活に関して何でも相談を受けつけました。
 また、1・ 2年生の履修登録日には、会場内に「履修相談」窓口が設置され、先輩学生に相談をし、具体的なアドバイスをもらう新入生の姿が多く見受けられました。
秋の交流会(10月)
中央学院大学のピアサポーター  全学生(大学院生含む)対象の交流会を、学生サポートセンターで開催しました。
 「ぜひ来て悩みや話したいことをしゃべってほしい」という気持ちから、ピア・サポーターがチラシ・ポスターを手描きし、スクールバスでのアナウンスでPRするなど積極的な取り組みを行い、学生の参加を呼びかけました。
 当日はピア・サポーターがリードする中、1年生から大学院生まで参加者26名が90分間語り合い、会場は「語り場」となりました。
 引き続き第2弾も企画しています。今後ともピア・サポ-ターの活動にご期待ください。次回も多くの皆さんの参加をお待ちしています。