キャンパスライフ

カウンセリングについて

小池先生 カウンセリングは、悩み事や心配事をかかえた人が専門的な援助を求めてやってくることから始まります。
 学生相談室のカウンセラーは、主に話合うことで、臨床心理学の考え方に基づいた方法を使って皆さんの相談に応じます。
 カウンセリングは親や友人に依存しようとすることとは異なり、あくまで専門家に対して主に対話を通してあなたが自分の力で解決できるための援助です。
 ですので、カウンセリングではできるだけ率直に、具体的に話すよう心がけてください。つまり、あなたのすることは、自分の悩みや問題の存在を認めて、解決に向けて取り組むことです。カウンセラーは、あなた自身の力で歩いてゆくまでの、並んで歩くパートナーと考えてください。
カウンセリングの内容

カウンセリングについて 個人のカウンセリング、グループカウンセリング、心理テスト、学内外機関の紹介などがあります。
 学業、性格、将来の職業や進路、心身の健康、性や恋愛、家族の問題など様々な内容の相談が可能です。
 カウンセリングは、1回につき約50分で行います。相談内容によって1回で終わることもあれば、継続面接となる場合もあります。担当カウンセラーと相談の上で決めてください。
 自分のカウンセリングに対する疑問点や役立っていること(いないこと)なども、遠慮なく伝えてください。

守秘義務
  • カウンセラーには「守秘義務」があります。あなたが学生相談室を利用していること、申込用紙の記載事項、相談内容などの個人情報についての秘密を守ります。あなたの同意なしに、家族・友人・教職員がその内容を知ることはありません。
  • ただし、守秘義務には「例外」があります。(1)あなたが自分自身や他者に対して危害を加える恐れのある場合、(2)法に触れる可能性のある事柄がある場合、これら2点に限っては守秘義務の例外となり、関係者に情報を提供することがあります。
  • 相談内容によっては、家族・友人・教職員の協力を得ると助かることもあります。その場合にはあなたとカウンセラーとの相談の上で進めていきたいと考えています。
  • 学生相談室の外では、あなたが相談を受けていることを他人にみだりに知らせないように、カウンセラーの方から挨拶をしないことがあります。意図を汲んでくだされば幸いです。
緊急時には

 学生相談室のカウンセラーは、原則として時間外の対応はしません。あなたが、相談可能な時間以外に苦しくなって対応に困った場合、下記のいのちの電話(24時間対応)に連絡して、事情を話してください。適切に対応してくれます。

     千 葉:043-227-3900   水 戸:0292-55-1000

     埼 玉:048-645-4343   東 京:03-3264-4343