中央学院大学ってどんなとこ?

 

【寄付のお願い】

 

応援メッセージ動画

【応援メッセージ動画】

 

ありがとうございます

【お礼のページ】

 

応援ガイド2017

【応援ガイドプレゼント】
締め切りました

 

箱根ポスター20161215

【ポスターダウンロード】
(0.9MB)

 


【報告パンフレット】

(3.29MB)
応援ありがとうございました!
94回大会もよろしくお願いいたします。

学生三大駅伝出場!

第5位!シード権獲得!「全日本大学駅伝対校選手権大会」
ルーキー大活躍

2016年11月6日(日)

 中央学院大学は4年連続10回目となる、全日本大学駅伝の出場を果たした。当日は11月とは思えないほど陽気がよく、沿道の応援者にとっては気持ちが良い気候であったが選手は暑さとの戦いとなるレースになった。

 全日本大学駅伝は前半の流れで勝負が決まるといっても過言ではないだろう。特に1区は流れを作る上で大事なポジションとなるため、各大学とも自信のある選手を揃えている。1区大森 澪(3年)はそんな中、第2集団に粘り強く食らいつき9位でたすきを繋ぐ。2区は注目のルーキー横川 巧(1年)。自分のペースで流れに乗り粘りの走りで順位を2つ上げる。3区樋口 陸(2年)は横川の勢いを引き継ぎ、さらに順位を2つ押し上げ、シード権内の5位に浮上。そして4区出雲でラストを飾った高砂 大地(1年)が勢いに乗る。ルーキーとは思えない区間3位の快走で順位をあげ3位に。4区までの成績が全日本の結果につながると言った川崎監督の思いに応える。5区藤田 大智(1年)は大学初の駅伝に緊張気味だったが順位を守り抜いた。村上主将が厚い信頼を寄せる6区廣 佳樹(2年)は、出雲からの安定した走りを全日本でも見せ、順位を1つ落とすものの力強くたすきをつなぐ。7区福岡 海統(2年)も大会初出場ながら自分の走りをし、本学の区間新記録(41秒更新)となる走りを見せる。そして最終8区を任された主将村上 優輝(4年)へ。全日本で一番長く苦しい戦いになる8区。エースひしめくこの区間で村上は主将の意地を見せ、5位でフィニッシュした。

2区1年横川巧選手

4区1年高砂大地選手

5区1年藤田大智選手 「出雲同様、ミスなくそつなく、各々が自分の仕事をこなした結果が今回の結果です。今回は新井 翔理(3年)、海老澤剛(4年)が出場できず、万全とはいえない状況でしたが、今回のメンバーは自分たちもやるべきことをやれば結果を残せるという自信につながったと思います。今回は1年生がよく頑張りました。MVPを上げるとすると横川ですね。最後まで粘りの走りでたすきをつないでくれました。」と笑顔で語る川崎監督。

 今回の全日本大学駅伝のメンバーは、8人中3人が1年生、そして大会未経験者の2年生が1人という思いきったメンバー構成となったが、「ミスなくそつなく」という川崎監督の指導通り、全員が区間一桁という成績を残した。一人ひとりが確実に力をつけ、中央学院全体が底上げできているということを証明したことになるだろう。

 新年の箱根ではどんな走りをみせてくれるのか、さらに期待が膨らむ。

成績 5位(シード権獲得)
総合タイム(106.8km) 5時間19分36秒
区間 選手 タイム 区間順位 通過順位
1区 (14.6㎞) 大森 澪(3年)
44分09秒 9位 9位
2区 (13.2㎞) 横川 巧(1年)
39分01秒 8位 7位
3区 (9.5㎞) 樋口 陸(2年)
27分48秒 6位 5位
4区 (14.0㎞)
高砂 大地(1年)
41分00秒 3位 3位
5区 (11.6㎞) 藤田 大智(1年)
35分43秒 9位 3位
6区 (12.3㎞) 廣 佳樹(2年)
36分44秒 8位 4位
7区 (11.9㎞) 福岡 海統 (2年)
35分29秒 (本学新記録) 9位 4位
8区 (19.7㎞) 村上 優輝(4年)
59分42秒 6位 5位

2年連続、7回目「出雲全日本大学選抜駅伝競走」

2016年10月10日(月・祝)

ルーキー高砂が笑顔でゴール!

1区1年横山

 学生三大駅伝の幕開けを飾る第28回出雲駅伝(10月10日)。中央学院大学は2年連続7回目の出場となった。

 今大会は「経験させる」を最優先してメンバー選抜をおこなった。大学駅伝の経験を下級生に積ませたいという川崎勇二監督の思いが、1年生をプレッシャーのかかる1区・6区に起用するという思い切ったメンバー構成にさせた。

 1区に抜擢されたのはハチマキ姿が印象的な横川 巧 (1年)。スタート直後から飛び出し先頭集団のセンターで積極的にレースを引っ張り、終盤は離されつつもトップ集団に食い下がり、トップと18秒差の10位でタスキをつないだ。2区新井 翔理(3年)は強い向かい風にも負けず快走をみせ、5人抜きで順位を5位まで押し上げた。3区大森 澪(3年)はエースひしめく中、ねばりの走りで後半の東洋大学との競り合いにも意地を見せ、6位で村上 優輝(4年)へ。

4区主将中村【区間新】

4区村上は主将としてチームを引っ張る強気の走りで2つ順位を上げ、4位に浮上。3年前の第25回大会で岡本 雄大選手(2013年度卒業生 現JFEスチール)が樹立した4区の区間記録(17分46秒)を5秒上回る好走ではあったが、惜しくも4区の区間賞は逃した。5区では夏合宿で大いにチームを盛り上げた廣 佳樹 (2年)が果敢に攻め、順位を落とすことなく6区アンカーの高砂 大地(1年)へつないだ。注目のルーキー高砂は期待に応え、最長区間を軽やかに走り抜き、区間3位で笑顔のゴール。本学駅伝部史上最高位の4位という好成績で今大会を終えた。

 「ミスなくそつなく戦えば十分上位は狙える。全日本・箱根も同じように戦えば自然に結果はついてくる。普段から、練習内容、体調、寮での日常生活等でも緻密に確認するということが、ミスなくそつなく戦うということにつながっている。出雲で好成績を収めたことで、強豪校へは大きなプレッシャーを与えました。うちに後れを取ったチームは今まで以上にしっかりと調整してくるはずです。6区1年高砂全日本・箱根は厳しい戦いになるでしょう。選手にはそれを乗り越えてほしい」川崎監督は今大会を振り返りながらも、新たな期待を込めて力強く語った。

 それぞれが自分の役割をきちんと理解し成し遂げた結果が、今回の成績につながったといえる。今回の出雲は、1区横川と6区高砂のルーキーコンビが自分の役割を果たしたことが大きな収穫であった。出雲は距離が短く今後は更なる調整が必要だが、これからの全日本、箱根へと大きな期待が膨らむ。

成績 4位
総合タイム(45.1km) 2時間12分8秒
区間 選手 タイム 区間順位 通過順位
1区 (8.0km) 横川 巧(1年) 23'41" 10位 10位
2区 (5.8km) 新井 翔理(3年) 17'07" 4位 5位
3区 (8.5km)
大森 澪(3年) 25'20" 6位 6位
4区 (6.2km)
村上 優輝(4年) 17'41" 4位 (※区間新) 4位
5区 (6.4km) 廣 佳樹 (2年) 18'10" 7位 4位
6区 (10.2km) 高砂 大地(1年)
30'09" 3位 4位
(※区間新)・・・4名の選手が区間記録(17'46")を上回り、新たな区間記録は17'34"となりました。