監督紹介

中央学院大学 駅伝部 川崎 勇二監督川崎 勇二(かわさき・ゆうじ)監督 中央学院大学 法学部教授
1962年7月18日、広島市生まれ。兵庫・報徳学園高校で全国高校駅伝、順天堂大学で箱根駅伝にて活躍。85年に本学の常勤助手となり、駅伝部コーチに。92年監督に就任し、94年に初めての箱根駅伝へ出場を果たす。

【川崎先生の教員紹介ページはこちら】

1年でじっくり向き合い、2年で芽が出る。
学年が上がるたび着実に強くなる、それが中央学院。

競技場で選手に檄を飛ばす川崎監督高校の一流選手、完成品となった選手は本学には来ない、粗削りな伸びしろのある学生を育てあげるのが私の指導です。1年でじっくり向き合い、それぞれの個性を生かした練習メニューを組み、その成果が2年になって芽が出てくる、学年が上がるたびに着実に強くなる、それが中央学院の強さです。



黒姫合宿にて「箱根駅伝で優勝する」監督をやっている以上もちろんそれは夢です。しかし、自分の夢を追いかけると選手に無理をさせることになる。箱根で優勝するには年間を通じてかなり長い距離を選手に走らせることになる。それは選手にとってかなりの負担となり、スピードを強みとする選手を潰しかねない。
私は大学の教員でもあるので、選手を、学生を潰すような真似はできません。大学でピークを迎えるのではなく、1人でも多く実業団で活躍できる選手を育てたい。過度な練習は避け必要最低限にとどめ、正しいフォームを身につけさせる。それがきちんと身につけば十分実業団の選手として活躍できる。私は選手にそう伝えています。競技場にて選手を労う川崎監督



「息の長い選手を育てたい。」そう答える川崎勇二監督は自信に満ちていた。そんな川崎監督の愛が溢れる指導の下、選手たちは今日も練習に励んでいる。

【執筆論文】

【川崎先生の教員紹介ページはこちら】


黒姫合宿にて 黒姫合宿にて 黒姫合宿にて