往路レポート

往路総合タイム 5時間38分19秒(14位)

区間 名前 学部学年 出身高校 タイム 走行順位 区間順位
 1区  潰滝 大記(つえたき ひろのり)  法学部4年  笠田・和歌山  1:02:12

6位

6位

 2区  大森 澪(おおもり れい)  法学部2年  関西大学北陽・大阪  1:09:23

9位

10位

 3区  塩谷 桂大(しおや けいた)  法学部4年  那須拓陽・栃木  1:03:57

5位

4位

 4区  新井 翔理(あらい しょうり)  法学部2年  東京農業大学第二・群馬

 0:57:16

5位

13位

 5区  山本 拓巳(やまもと たくみ)  法学部4年  高岡向陵・富山  1:25:31

14位 

18位 

<復路レポートはこちら>

往路レース詳細

1区 大手町~鶴見(21.4km) 走者 潰滝 大記(法学部4年)
1区:4年 潰滝 大記 4年連続で1区を任された潰滝、大手町のスタート直後から集団を先導する形で、積極的な攻める走りを展開、前回大会で自身が出した大学記録を15秒縮め、鶴見中継所では6位で大森に襷を繋いだ。
2区 鶴見~戸塚(23.1km) 走者 大森 澪(法学部2年)
箱根駅伝初出場となる大森は、5位集団で力走、粘りの走りで花の2区の大役を果たし、戸塚中継所で塩谷に9位で襷を渡した。 2区:2年 大森 澪
3区 戸塚~平塚(21.4km) 走者 塩谷 桂大(法学部4年)
3区:4年 塩谷 桂大 4年連続3区となった塩谷は、ぐんぐんとスピードを上げて快調にとばし、前を走る走者を次々と追い抜いて、区間4位の走りで5位に順位を上げて平塚中継所に飛び込んだ。
4区 平塚~小田原(18.5km) 走者 新井 翔理(法学部2年)
初めての箱根駅伝で、最短区間の4区に挑んだ新井は、塩谷から引き継いだ順位を維持して小田原中継所で山本に襷をつないだ。 4区:2年 新井 翔理
5区 小田原~箱根(23.2km) 走者 山本 拓巳(法学部4年)
5区:4年 山本 拓巳 前回は8区を走った山本、最終学年で山登りを任されたが、後続走者の猛追を受けて苦しみながら14位で芦ノ湖ゴールとなった。

<復路レポートはこちら>