学部紹介

教員紹介

山本 憲志郎 先生
山本 憲志郎 YAMAMOTO Kenshiro

教授 / 学術博士

学生へのメッセージ
 「迷った時に困難な道を選択していますか?」






趣味:ツーリング、登山(夏山のみ)

  • 専門分野
    自然地理学 地形学
  • 主な担当科目
    地球環境論・自然環境論 社会科・地理歴史科教育法 自然地理学概論I・II
  • 所属学会
    日本地理学会 日本第四紀学会 日本地形学連合
  • 現在の研究テーマ
    <沖積錐における浸食と堆積、河床礫のインブリケーションについて>
    沖積錐は土砂に浸透した水や、土砂の表層を流れる水が土砂を運搬・堆積・浸食して造った地形です。 ゆっくりと流動する飽和および不飽和岩屑流や急速で浸食力の大きい土石流などがこの地形を造ります。 地表面の傾斜は扇状地よりも大きいのが一般です。 この地表面傾斜の大きさと、浸食および堆積との関係を研究しています。
    河床礫の移動は洪水時におきます。河川が増水・氾濫していない時に河原(=砂礫堆)でみられる礫の配列は、上流に向かって礫の一番大きい投影面を傾斜させて堆積しています。これをインブリケーションといいます。このインブリケーションがどのようまメカニズムで洪水時に作られるのかについても興味をもって研究しています。

【商学部教員一覧へ】