学部紹介

教員紹介

寺戸 節郎 先生寺戸 節郎 TERADO Setsuro

教授 大学院商学研究科長 / 商学修士

学生へのメッセージ
 「学びたいこと、やりたいことを見つけて
  大学生活を有意義なものにしてください。」


出身大学:神戸大学経営学部
最終学歴:早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程中途退学
趣味:インコ飼育、演芸鑑賞
子ども〜青春期を過ごした土地:島根県益田市、兵庫県西宮市を中心とする京阪神

  • 専門分野
    会計学(管理会計)
  • 主な担当科目
    初級簿記I・II 中級簿記I・II 管理会計論
  • 所属学会
    日本会計研究学会 日本原価計算研究学会 日本管理会計学会
  • 現在の研究テーマ
    <業績管理会計の比較制度分析における環境適合度の測定について>
    資源を有効にかつ効率良く使うために、企業(会社)をはじめ非営利組織や自治体、さらには国や家庭の運営に会計を役立てることが管理会計の目的です。
    さまざまな決定に基づいて立案された資源の活用計画を実現するためには、経済組織メンバーの努力を正しく測って評価し、モチベーションを高める必要があります。経済の仕組みが国際的に異なるなか、そのための努力成果(業績)測定の仕組みがそれぞれの経済の仕組みにマッチしなければなりません。
    両者の仕組みがマッチしている度合いを測ることが研究テーマです。
  • 主な研究実績
    • 論文「業績評価の基礎理論」、辻 正雄編著『MBAアカウンティング ケーススタディ戦略管理会計』中央経済社、第8章
    • 著書『マネジメント・コントロール情報の基礎[第2版] Ⅰ』(三恵社)
    • 著書『業績管理会計の環境適合の比較制度分析』(多賀出版,2003年)
    • 論文「業績管理と雇用システムの補完性の比較制度分析」、小川 洌編著『会計情報の変革』中央経済社、第1部9章
    • 共著「財務管理」『現代経営管理の研究』(信山社,第9章)
    • 論文「安全性分析(1)短期支払能力の分析、(2)長期支払能力の分析」、小川 洌監修『実践経営分析』税務研究会出版局、7、8
    • 論文「制度の補完性、慣性と業績管理会計の潜在的情報価値およびその変動」『経営行動研究学会年報』第21号(2012年)
    • 論文「意思決定における不確実性の会計情報による低減」『商学研究ジャーナル』第1号
    • 論文「エイジェンシー関係におけるリスク・シェアリングとインセンティブ−リスク回避的プリンシパルとしての中小フランチャイジーのケース−」『経営会計研究』第1号
    • 分担執筆「業績情報とリスク・シェアリング」、日本管理会計学会編『管理会計学大辞典』、第7章3

【商学部教員一覧へ】

【大学院教員一覧へ】