学部紹介

ベスト・ジョブ・プログラム

2015年4月よりスタートした商学部のカリキュラムです。

商学を学ぶとはどういうことなのか、なぜ学ぶのか?から始め、社会に出るための学びを動機づけ、就職活動に向けた準備を着実に進めます。
1年次から段階を踏んで必要な力を身につけ、3年次のインターンシップを総仕上げとします。
選抜・定員制ですが、やる気のある学生であれば、誰にでも受講するチャンスがあります。

 

<1年>
【前期計画を立てる(プロゼミナール:全員必修)
プロゼミでは、発表や討論の仕方など、大学で学ぶための基礎や、大学生活を充実させるポイントなどを学び、大学適応力を高めます。
7月からは後期の【プレBJP】に向けた講座を3コマを受講し、4年間の学びについて行動計画を立て、プレゼンテーションを行います。
プロゼミナールイメージ
11月末から始まるBJPへは、参加希望を出した学生の中から100名を選抜します。
選抜は7月末に行われ、「プロゼミへの参加態度」「プロゼミ終了後のミニレポート」「行動計画書」「プレゼンテーション実技」が採点対象となります。

次は

【後期】自分を知る(プレBJP:定員100名)

11月下旬からの6コマの授業にて、ディスカッション力を高め、将来や仕事について考えます。後半では、自分自身の成長度合いや課題などについても考え、また今後の行動計画をたてプレゼンテーションを行います。資格取得についての考えも進めます。

<2015年のプレBJPの様子はこちら>

BJPイメージ

次は

<2年>
【前期・後期】社会を知る(キャリアデザインⅠ:定員100名)
コミュニケーション力を伸ばし、自分を知り、社会についてや大学生活で自分の強みを伸ばすためにはどうすれば良いかを考えます。
また社会と学問の関係を考え、ゼミ選択や今後の行動計画を立てます。最終コマにてプレゼンテーションを行い、行動計画をまとめあげます。
キャリアデザインⅠイメージ
キャリアデザインⅡへは、キャリアデザインⅠでの参加態度やプレゼンテーション力、課題提出などを採点し、さらに意識の高い学生を選抜します。

次は


<3年>
【前期】就活の基礎を学ぶ(キャリアデザインⅡ:定員50名)
インターンシップについて調べ、実際に参加できる準備を行います。
仕事の基本や企業でのマナーなどを学びつつ、インターンシップの応募先を探します。筆記試験対策で学力を高めるだけでなく、自己PRを考え、面接対策なども行います。
キャリアデザインⅡイメージ

次は

【後期】具体的に行動する(キャリアデザインⅢ:定員50名)
インターンシップを振り返り、自己分析を行います。また業界・業種・企業・職種を研究し、企業説明会やOB・OG訪問の活用についてなどを学びます。
学力を高めるための試験対策も行います。
本格的な就職活動に向けて、学外に出て自分で活動できる自信をつけましょう。
キャリアデザインⅢイメージ

 

-「ベスト・ジョブ・プログラム」に込めた思い -

このプログラムは、就職だけを目的とするのではなく、自分自身を深く理解し、どういう仕事に向いているのか、社会に出るとはどういうことなのかなどを3年間かけて考えてもらうことを目的としています。

「ベスト・ジョブ」という言葉は、将来皆さんに生き生きと仕事をしてほしいという思いから生まれました。

仕事とは大学を卒業し社会に出てから行うものだけではなく、例えば大学内の学生スタッフ、学外ではボランティアなど、大学生活の中でも経験することができます。大学生活を積極的に過ごし充実させることで、結果として就職がついてくるのではないでしょうか。

皆さんがこのプログラムや大学生活を通して、成長されることを期待します。