学部紹介

教育理念と3つのポリシー

【教育理念】

公正な社会観と倫理観の涵養をめざし、徹底した少数教育を通じて実力と創造力をそなえた有能な社会人を育成することを目的とする。

本学は、単なる知識の伝達ではなく、人間を基調とした全人格の形成を求め「公正な社会観と倫理観の涵養をめざし、徹底した少数教育を通じて実力と創造力をそなえた有能な社会人の育成」を目的としています。時代が大きく変わろうとしている今、社会も、そして大学自体も変わっていかなくてはなりません。その様な状況のもと、教育理念という普遍のテーマをベースに、高度に多様化していく時代に対応すべく、より具体的に進化した教育プログラムを構築し、学生の個性や可能性を大きく伸ばしていくことを教育の原点としています。

1.ディプロマポリシー(学位授与の方針)

 中央学院大学商学部は、「公正な社会観と倫理観の涵養」という建学の精神に根ざした教育を通して、卒業までに以下に挙げる事項を身につけ、所定の126単位以上を修めた学生に、学士(商学)の学位を授与します。

  1. 異文化の理解
  2. 文化・社会・自然の理解
  3. コミュニケーション・スキル
  4. 数量的スキル
  5. 情報リテラシー
  6. 論理的思考力
  7. 問題解決力
  8. 自己管理力
  9. リーダーシップ
  10. 倫理観
  11. 社会的責任
  12. 生涯学習力
  13. 課題解決力

2.カリキュラムポリシー(教育課程の編成)

 中央学院大学商学部は、広い識見を持ち、複雑化する現代の様々な問題を解決しうる「実力と創造力をそなえた有能な社会人」の育成という教育目的を実現するため、以下のようなカリキュラム(教育課程)を編成しています。

  1. 豊かな人格形成の基本と基礎的な学力を養うため、数多くの人文・自然系列科目、外国語科目、体育科目などを開設している他、法学部の科目を一部受講可能としています。
  2. 大学での学びに必要な知識を身につけるため、1 年次に必修の「プロゼミナール」を設けています。2年次からは各自の選択したコースでの専門教育や「演習」での研究テーマ追究から、4年次に卒業論文が完成するような科目体系となっています。
  3. 実社会において即戦力となりうるよう、アクティブ・センター(生涯学習センター)で資格取得講座を各種開講しています。在学中に資格を取得した場合、受講料の優待・特待もあります。
  4. 2年次からのコース選択制により、商学に関する授業科目を体系的に履修できるようにしています。
    (1) 商学総合コースは、商学・経済・経営・会計の分野を横断し、幅広いフィールドで活かせる知識を修得したオールラウンドなビジネス・パーソンを育てます。
    (2) 経営コースは、経営者としてまた企業の管理者として必要なスキルを体得した企業経営の専門家を育てます。
    (3) 国際ビジネスコースは、国際的な企業情報や商取引の知識を修得したグローバル・ビジネスの専門家を育てます。
    (4) 会計コースは、簿記会計や法人税務の知識を修得した財務の専門家を育てます。
    (5) 経済コースは、経済学の基礎から企業経営、財政、経済政策など経済全般の知識を修得した企業の即戦力を育てます。
    (6) 情報コースは、ビジネス界で求められる IT技術と活用法を修得した情報管理の専門家を育てます。
    (7) スポーツキャリアコースは、スポーツで身につけた経験や技術に加え、商学・スポーツ学の知識を修得することで、様々なフィールドで活躍できる人材を育てます。

3.アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

 中央学院大学商学部は、学部の掲げる教育目的を達成するために、以下のような学生を求めます。

  1. 本学の建学の精神、学部の教育理念をよく理解している。
  2. これまでに資格取得、スポーツやボランティアなどの活動に力を注いだ。
  3. 高等学校までの基礎学力を備え、商学部における教育内容に関心を持ち、その専門知識修得に意欲を持っている。
  4. ビジネスによって、身近な地域社会から広く世界にまで貢献しようと考えている。
  5. 商学の専門知識に加えて、幅広いフィールドで活かせる知識を修得し、企業や各種組 織でリーダーシップを発揮したいと考えている。