学部紹介

学部長あいさつ

商学部長 山田 壽一(やまだ ひさかず)

山田 壽一先生 第13代商学部長の椎名市郎先生と同様、私も中央学院大学の卒業生(第4期)です。当時から比べると、大学は施設面は言うにおよばず教育・研究面においても大きく変化しています。さらなる大学の発展に寄与できるよう努めていきたいと思います。

 本学の歴史の端緒は1900年(明治33年)日本橋に実業家の師弟教育をするため「日本橋簡易商業夜学校」を創立した学校法人に始まります。その伝統は110余年を超えた現代に引き継がれています。さらに商学部では平成27年度秋セメスターからBJP(ベスト・ジョブ・プログラム)という新しいキャリア教育体系を整備し、インターンシップをコアとした就職支援を推進しています。また、BLP(ビジネス・ライセンス・プログラム)という資格取得補助制度を設け、同じ目標を持つ一般社会人とのコミュニケーションを通じて、「学内Wスタディーの場」作りをし、それぞれの進路に即した資格取得を進めています(平成28年度現在21講座を開設)。この2大プログラムによって“STAND BY YOU”という本学のスローガンのとおり、学生諸君に寄り添い、支えていければと思っています。

 商学部といえば、就職において「潰しが効く」「即戦力として活躍できる」という評価が一般的ですが、本学卒業生には事業継承者の比率も高く、実業家の師弟教育という開学当時のDNAが脈々と受け継がれています。また社会人としてリーダーシップを発揮する幅広い人材育成も本学商学部ならではの特徴でもあります。

 このように「実学」の精神に基づき個性を重視する教育のもと、未来の「組織リーダー」として学生諸君が飛躍することを切に期待しています。

山田 壽一 商学部長の紹介ページはこちらへ