学部紹介

教員紹介

大村 芳昭 先生大村 芳昭 OHMURA Yoshiaki

教授・法学部長 / 法学修士

学生へのメッセージ
 「人生を楽に生きるコツは、早いうちに苦労することです。
  そして、学生時代こそ苦労するチャンスです。
  このチャンスを最大限に活かしてください。」

出身大学:東京大学
最終学歴:東京大学大学院法学政治学研究科博士課程満期退学
趣味:街歩き、カラオケ、語学(特に中国語と韓国語)
子ども~青春期を過ごした土地: 東京都世田谷区、中野区、町田市
メールアドレス:yohmura@非表示cc.cgu.ac.jp
  • 専門分野
    国際家族法
  • 主な担当科目
    国際私法、国際法、基礎演習Ⅱ、専門演習Ⅰ、法学検定試験講座(民法)
  • 所属学会
    国際私法学会 ジェンダー法学会 日本リメディアル教育学会
  • 現在の研究テーマ
    <家族法の抵触とその解決>
    現代の国際社会では、家族法の内容は国によって異なるのが基本です。また、一部の国では、地域や当事者の民族・宗教などによって異なる家族法が併存しています。そして、異なる法に服する当事者間で家族法上の問題が生じた場合、(1)何らかの基準(法廷地法、本国法など)を用いて適用する法を決め、あとはその法のみを適用するのが一般的ですが、他方、(2)家族法の違いをなくすため、立法や解釈による家族法の統一への努力も行われています。この(1)(2)の2つの方法論は一見対立するように見えますが、果たして本当にそうでしょうか。そんな問題意識に基づいて、家族法の将来を占うべく研究を進めたいと考えています。
  • 主な研究実績
    • 著書(単著)『国際家族法研究』 (成文堂,2015年12月10日)
    • 著書(執筆分担)『パートナーシップ・生活と制度[増補改訂版]』(緑風出版,2016年9月30日)
    • 論文「渉外戸籍制度の問題点」『中央学院大学法学論叢』17巻1・2号(2004年)
    • 論文「認知制度の変遷と国籍法」『中央学院大学創立40周年記念「春夏秋冬」』(2006年)
    • 論文「生後認知による日本国籍の取得について『中央学院大学法学論叢』22巻2号(2009年)
    • 研究ノート「戦前の『国際家族』と戸籍―渉外戸籍法前史―」『中央学院大学社会システム研究所紀要』3巻(2003年)
    • Legal Status of the Child in Japan, Especially in Family Law Matters, in Olga Cvejic Jancic ed. The Right of the Child in a Changing World (Springer International Publishing, 2016)
  • 主な教育業績
    • 講演「遡及的リメディアル教育論の試み」(日本リメディアル教育学会 第2階関東甲信支部研究会,2013年3月)
    • 講演「携帯サイトを活用した学習意欲向上の試み」(私立大学情報教育協会・教育改革IT戦略大会,2009年9月)

【法学部教員一覧へ】