学部紹介

教員紹介

白水 智 先生白水 智 SHIROUZU Satoshi

教授 / 文学修士

学生へのメッセージ
 「深い教養を身につけ、
  社会に貢献できる人材になりましょう。」

出身大学:上智大学、中央大学大学院
最終学歴:中央大学大学院文学研究科国史学専攻博士後期課程
趣味:薪割り、焚火、畑作業
子ども~青春期を過ごした土地:神奈川県
メールアドレス:shirouzu@非表示cc.cgu.ac.jp
URL:現社コース教員ブログ
  • 専門分野
    日本史
  • 主な担当科目
    日本史概説 日本史特論 日本文化史
  • 所属学会
    日本史研究会 日本古文書学会 歴史学研究会
  • 現在の研究テーマ

    <前近代山村の生業と支配のあり方>
    これまでの歴史学でほとんど取り上げられてこなかった山村地域の村について調べています。山村は今や過疎地の象徴と見なされていますが、山には多くの資源があり住民たちはそれを活かす多様な知識や技術をもっていました。山の恵みに彩られた山村の歴史的な姿を追究しています。

    <激甚災害時の文化財保全のあり方>
    2011年に大地震に見舞われた長野県栄村に通い、震災後に廃棄されそうになっていた古文書や民具を救出する活動を行ってきました。今も現地に通い続け、文化財を活かして文化面で復興を支援する活動をしています。

  • 主な研究実績
    • 著書(単著)『知られざる日本-山村の語る歴史世界』(日本放送出版協会,2005年)
    • 論文「山村と飢饉~信濃国箕作村秋山地区の事例を通して~」『信濃』66-3(2014年)
    • 論文「長野県栄村における文化財保全活動と保全の理念」,歴史学研究会編『震災・核災害の時代と歴史学』(青木書店,2012年)

【法学部教員一覧へ】