学部紹介

教員紹介

三宅 篤子 先生三宅 篤子 MIYAKE Atsuko

教授 / 修士(法学)

学生へのメッセージ
「一つ一つの出会い、経験、学びを大切にして、
 自分の宝物を増やして下さい。」


出身大学:熊本大学
最終学歴:九州大学法学部博士課程
趣味:スイーツ、旅行、料理
子ども~青春期を過ごした地域:福岡県
  • 専門分野
    民法(家族法)
  • 主な担当科目
    家族法 民法総則 民法Ⅰ
  • 所属学会
    家族〈社会と法〉学会 九州法学会
  • 現在の研究テーマ
    <現代の家族法>
    家族法は、戦前においては家長を中心とする「家」制度を、また、戦後は近代家族をモデルとして制度設計されていました。現代の家族について、最高裁(最高裁大法廷決定平成25年9月4日民集第67巻6号1320頁)は、「婚姻、家族の形態が著しく多様化しており、これに伴い、婚姻、家族の在り方に対する国民の意識の多様化が大きく進んでいる」と述べています。高齢化社会の進展、女性の社会参画も進んできました。このような時代における、相続制度の在り方について研究しています。

【法学部教員一覧へ】