学部紹介

教員紹介

三宅 篤子 先生三宅 篤子 MIYAKE Atsuko

教授 / 法学修士

学生へのメッセージ
 「専門的知識をしっかりと身につけ、
  得意分野を増やし、自分の個性にしましょう。」





趣味:小物作り、料理
  • 専門分野
    家族法
  • 主な担当科目
    家族法 民法Ⅰ 専門演習I・II
  • 所属学会
    家族<社会と法>学会 九州法学会 民主主義科学者協会法律部会
  • 現在の研究テーマ
    <現代の相続法>
     明治民法における相続法は、家長権と家産を嫡男長子に単独承継させる家督相続制を主眼としたものでしたが、戦後の相続法改正において家督相続制は全面的に廃止され、諸子均分共同相続制を採用するとともに、配偶者相続権が確立しました。さらに、その後の急速な経済の高度成長に伴い産業化、都市化が進行し、女性の社会参画も進んできました。最高裁判所は、「婚姻、家族の形態が著しく多様化しており、これに伴い、婚姻、家族の在り方に対する国民の意識の多様化が大きく進んでいる」(最高裁大法廷決定平成25年9月4日民集第67巻6号1320頁)と述べています。また、「民法(相続関係)等の改正に関する 中間試案の補足説明」において「相続法制については,昭和55年に配偶者の法定相続分の引上げや寄与分制度の創設等の見直しがされて以来、30年以上実質的な見直しはされていない状況にあるが、我が国においては、その間にも高齢化社会が更に進展し、家族の在り方に関する国民意識にも変化が見られるところである」と指摘されています。
     このような家族に対する認識に基づき、現代の相続法の在り方について研究しています。

【法学部教員一覧へ】