学部紹介

教員紹介

谷川 尚哉 先生谷川 尚哉 TANIKAWA Naoya

教授 / 文学修士

学生へのメッセージ
 「世の中の動きに敏感であれ。社会性を失うな。
  ネット情報に惑わされるな。新聞を読め。本を読め。
  自分の頭で考えよ。人の心を忘れるな。」

出身大学:明治大学文学部史学地理学科地理学専攻
最終学歴:明治大学大学院文学研究科地理学専攻博士前期課程
趣味:観世流・謡曲・仕舞
子ども~青春期を過ごした土地:北海道
(岩見沢で生まれ、豊平町月寒、釧路、函館、そして札幌)
  • 専門分野
    人文地理学 地理教育論
  • 主な担当科目
    人文地理学概論 地誌学概説 社会科・地理歴史科教育法
  • 所属学会
    日本地理学会 地理教育研究会 人文地理学会
  • 現在の研究テーマ
    <①あるべき地理教育の姿 ②捕鯨問題 ③漁業地理学としてのマグロ研究について>
    ①高校地歴科では選択科目になっている「地理A・B」だが、「地理」の楽しさ、重要性、そして有用性を訴え続けている。
    ②捕鯨問題については、伝統的な「生業+地場産業」としての捕鯨が、反捕鯨国ならびにグリーンピースやシーシェパードに代表される環境テロリストたちによって攻撃され妨害され不当な扱いを受け続けていることに怒りを覚え、持続的な捕鯨の推進の立場で研究を進めている。
    ③日本人の大好きな鮪であるが、遠洋マグロ延縄漁はもとより、沿岸漁業としてのマグロの一本釣り漁、マグロの蓄養、完全養殖、そして国際的な鮪の輸出入と、極めて地理学的な研究テーマである。

【法学部教員一覧へ】