学部紹介

6大学ジョイント合宿でプレゼン特別賞を受賞!
~法学部 李ゼミの熱い館山3日間~

2014年11月

 6大学(早稲田・法政・拓殖・宇都宮・四日市・中央学院)が参加するジョイント合宿が中央学院大学館山セミナーハウスで開催されました。毎年11月に、各大学から「地方自治」を研究するゼミナールが参加し、研究発表と討論を行います。今年は教員・学生合わせて参加者約100名という大規模なイベントとなり、熱い3日間が繰り広げられました。

 今年の共通テーマ「大都市を考える」のもと、17チームが研究発表を行いました。李ゼミからは2チームが参加し、1チームがプレゼン特別賞を受賞しました。本学の李ゼミは、昨年は努力賞、一昨年はグランプリを受賞しており、3年連続の受賞を成し遂げました。

「ブラックホール東京」 鈴木響一さん(法学部4年・船橋二和高校出身)

 地方自治体に出向いて新幹線通勤の補助制度等についての聞き取り調査を行うなど、4月から研究を進めてきました。合宿の研究発表では、話すことを全部頭に入れたので、人の目を見て話すことができました。その点が評価されてプレゼン特別賞を獲得したのだと思います。
 他のチームの研究発表についても事前にレジュメをしっかり読みこんで下調べをし、質疑応答では発表者をうならせる質問を投げることもでき、手応えを感じました。
 他大学の学生と研究・討論するだけでなく、研究発表後は打ち上げ会も行われ、参加者全員でスポーツを楽しむなど、交流を深めることができました。

 研究調査を重ね、一つの成果を作り上げるのにはたいへんな苦労が伴いますが、やり遂げたあとは自分にとって大きい財産になる、そんなことが実感できる実りの多いジョイント合宿となりました。

中央学院大学のゼミナールについての詳細は、「中央学院大学のゼミナール」をご覧ください。

李ゼミの紹介はこちらへ。