学部紹介

教員紹介

中川 淳司先生中川 淳司 NAKAGAWA Junji

教授  / 法学博士

学生へのメッセージ
 「これからの社会を生き抜き、
   そして良くするための教養を身に付けてください。」

出身大学:東京大学法学部公法コース 卒業 (法学士)
最終学歴:東京大学大学院法学政治学研究科公法専攻(博士課程) 法学博士
研究員歴:エルコレヒオデメヒコ客員研究員 デンバー大学国際関係大学院客員教授 ジョージア大学ロースクール客員教授 香港城市大学客員教授 タフツ大学フレッチャースクール客員教授  スワトウ大学客員教授 ベルリン自由大学客員教授
     
趣味:芸術鑑賞(特にバロック音楽と現代美術)、木工、登山
子ども~青春期を過ごした土地: 大阪
  • 専門分野
    国際経済法
  • 主な担当科目
    国際関係論 現代世界の政治経済と法
  • 所属学会
    日本国際経済法学会 国際経済法学会(Society of International Economic Law) 国際法学会
  • 現在の研究テーマ
    <アジア太平洋地域における貿易・投資の自由化>
    TPP(環太平洋パートナーシップ)、RCEP(東アジア包括的経済連携)などのアジア太平洋地域における貿易・投資の自由化と新たなルール形成をめぐる動きをフォローし、これらの枠組みを通じて日本の通商政策と国内規制改革をどのように進めてゆくべきかを検討しています。

    <プライベートスタンダードとグローバルガバナンス>
    私企業やNGOが策定する産品・サービスの規格や認証制度(プライベートスタンダード)が国際貿易・投資において占める比重が次第に高まっています。プライベートスタンダードが国際貿易や投資のルールにおいて果たす役割とその課題を検討しています。
  • 主な研究実績
    • 著書「資源国有化紛争の法過程」 単著 平成2年8月 国際書院
    • 著書「中国のアンチダンピング 共著 平成16年10月 日本貿易振興機構(ジェトロ)」
    • 著書「Managing Development: Globalization, Economic Restructuring and Social Policy(開発のマネージメント:グローバリゼーション、経済再建と社会政策) 共著 平成18年3月 Routledge(ラウトレッジ)」
    • 著書「Anti-Dumping Laws and Practices of the New Users(新興国のアンチダンピング法制とその運用) 共著 平成19年8月 Cameron May(キャメロンメイ)」
    • 著書「経済規制の国際的調和」 単著 平成20年8月 有斐閣
    • 著書「Multilateralism and Regionalism in Global Economic Governance: Trade, Investment and Finance
      (世界経済ガバナンスにおける多国間主義と地域主義:貿易、投資、金融)」 共著 平成23年6月 Routledge(ラウトレッジ)
    • 著書「International Harmonization of Economic Regulation (経済規制の国際的調和)」 単著 平成23年12月 Oxford University Press(オクスフォード大学出版会)
    • 著書「Policies Needed to Ensure Japan’s Inernational Competitiveness(国際社会における日本の競争力確保のために必要な政策)」 共著 平成24年5月 有斐閣
    • 著書「"Transparency in International Trade and Investment Dispute Settlement(国際貿易・投資紛争解決における透明性)」 共著 平成25年1月 Routledge(ラウトレッジ)
    • 著書「WTO 貿易自由化を超えて」 単著 平成25年3月 岩波書店