教育理念と3つのポリシー

【教育理念】

公正な社会観と倫理観をそなえた自立した個人の育成をめざし、現代を生き抜くための教養教育を通じて、地域や社会、政治や経済との関わりの中にある自己を深く知り社会参画や社会貢献ができる市民を育成することを目的とする。

1.ディプロマポリシー(学位授与の方針)

中央学院大学大学院商学研究科は、現代社会における専門的知識を備えた人材に対する要請と期待にこたえるために、より高度な経営および会計の専門知識修得の機会と知的訓練の場を提供します。
当研究科は、この理念、目的に則り、以下のように審査に合格して課程を修了した者に学位を授与します。

  1. 提出された修士論文は以下の修士号授与合否基準によって審査され、合否が判断されます。
    (1)論文のテーマ(主題)が適切に設定されている。
    (2)論文のタイトル(題目)が、論文の内容を適切に表現している。
    (3)先行研究や関連研究が的確に渉猟され、理解されている。
    (4)引用文献・参考文献が適切に明示され、学術論文としての体裁が整っている。
  2. 所定の単位を修得し、審査に合格した者は、以下のいずれかの能力を身につけていると判断され、修士(商学)の学位が授与されます。
    (1) 国際ビジネスおよび国際ビジネス研究に必要な専門知識と能力。
    (2)企業経営を担うために必要な専門知識と能力。
    (3)税理士を中心とした会計専門職に必要な専門知識と能力。

2.カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

中央学院大学大学院商学研究科は、当研究科の理念、目的に則り、以下のようにカリキュラムを編成しています。
  1. 経営学系列および会計学系列、それぞれの系列のより高度な知識と技能を十分に修得して研究を行うことができるように、専門分野別に体系化したカリキュラムを編成しています。
  2. 表現能力や多様な意見の吸収能力を養い、より高い水準の修士論文を完成することができるように、関連する複数の教員が参加する公開の中間報告会を実施しています。それにより、執筆の進捗状況を確認するとともに多様な観点から課題の指摘、助言などの指導を行います。
  3. 教育・研究者、専門職業人・リーダーとしての高度な能力を身につけることができるように、学生の指導者としての教育訓練の機会を提供するティーチング・アシスタント(TA)制度を設けています。

3.アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

中央学院大学大学院商学研究科は、当研究科の理念、目的に則り、以下のような目標のいずれかと資質とを有し、より高度に知的体系化された学問の方法と専門知識、それらを活用する力を修得しようとする国内外の学生を受け入れます。

  1. 国際ビジネスの世界、または国際ビジネス研究で活躍しようとする人、企業や事業承継などで企業経営を担おうとする人、税理士を中心とした会計専門職を目指す人。
  2. 豊かな地域社会づくりに地域経済の面から貢献することを目指す人、社会人としての多様な経験を学修に活用して経営学および会計学の知的研鑽を積もうとする人。
  3. 経営学、会計学の基礎を理解し、明確な問題意識に基づいて研究テーマを設定し、それにそった具体的で実行可能な研究計画を有している人。
  4. 研究計画に基づいて研究を着実に実行し、その成果として修士論文を完成させる強い意欲と能力とを有している人。