特色と概要

1.大学院設立の趣旨

CGUの3つのチカラ本研究科では、建学の精神や時代の求めに応じ、一市民としての責任と義務を自覚し、かつ、自らの個性や特性を最大限に伸ばしながら21世紀型の新しい産業を創出しうる人材を育成することを目的に大学院修士課程を設立しました。

20世紀の商学の特徴は、大量生産、大量消費、大量廃棄の拡大型物質優先の産業構造を前提に、利益最優先という企業側の論理に立脚した業態研究や流通研究が中心にありました。しかし、21世紀は地球環境問題を踏まえ消費者側の論理が注入され、教育上からも倫理や法の遵守というコーポレート・ガバナンス(企業統治)や企業関係者のコンプライアンス(法令遵守)を学ぶことが必要となってきました。

このような商学をめぐる社会環境変化の中でそれに対応できる会計、経営の専門職業人の養成が各方面から求められています。
本研究科ではこのような「商学」変革時代の要請を受けて専門職業人の養成を行います。

2.地域から要望された大学院

現代ではグローバル以上に地域の特色を重視したローカルの視点が強く求められています。本学は長年、生涯学習センターの活動や我孫子市商工観光事業審議会への参加、手賀沼学会の運営を通じて地域社会に貢献してきました。

また、本学が位置する千葉県東葛地区の大学には「商学研究科」を有する大学院はなく、我孫子市を中心に地域振興に不可欠な商学研究教育機関として、本研究科は地域の期待を担っています。

3.現代商学をより高度に学べる大学院

現在の商学部では、商学を総合的な市場ネットワークの学問としてとらえ、国際的市場展開の経営や情報技術(IT)を含んだカリキュラムを構築してきました。これにより、商学総合・経営・国際ビジネス・会計・経済・情報・スポーツキャリアの7コースの教育課程を実施しています。本研究科ではこの商学部7コースの教育を基礎に、大学院専門力リキュラムが展開され、一層の専門性や学問の深化を通しての総合性が図られています。

 

研究室(一人ひとりに専用の机がある大学院研究室)
研究室(一人ひとりに専用の机がある大学院研究室)