夢をつかんだ先輩たち

就職活動で夢をつかんだ先輩たちからのメッセージです。

就職課のサポートも力となり安心して就活に取り組めました。
就職先:株式会社ローソン

株式会社ローソン 井山 陽菜さん 商学部 商学総合コース(2018年3月卒業)

小売業の経営実態を分析する松原ゼミに所属し、フィールドワークでさまざまな店舗を視察した中で興味を惹かれたのが、コンビニ業界です。特にローソンは、病院内出店や調剤薬局との融合店舗展開、PB開発など、次世代のコンビニサービスを追究しています。インターンシップにも参加し、柔軟な経営戦略に面白さややりがいを感じ、就職を決意しました。就職課には就職情報のほか経済誌・新聞なども揃っているため、2年生の頃から空き時間ができると足を運びました。もちろん就職課の講座やガイダンスには毎回出席。インターンシップをはじめ、エントリーシートの書き方、就職サイトへの登録など直接就活に活かせるサポートが心強かったですね。将来は時代のニーズを先取りした店舗や商品開発に携わりたいと思っています。

講座と面接練習で試験突破。公務員として、地元に貢献します。

厚生労働省 宮城労働局 中鉢 就人さん 法学部 行政コース(2018年3月卒業)

就職先:厚生労働省 宮城労働局中学校の卒業式の日が東日本大震災でした。その際公務員の方々が、被災されながらも住民のために働いている姿に感銘を受け、いつか地元・宮城県に戻り、人々の役に立ちたいと考えるようになりました。労働局を志望したのは、就職活動をする中で、改めて「職に就く」ことの大変さを実感したことがきっかけです。公務員試験に向け、3年次から「公務員+民間企業」筆記試験対策講座と公務員対策講座(地方上級コース)を受講。実際の活動中も、疑問点や不明点が出てくると就職課を訪ね、アドバイスをいただきました。また、何度も面接練習をしていただいたおかげで、二次試験ではさほど緊張せず、本音で話すことができました。今後は地元で、労働の面から困っている人、悩んでいる人をサポートしていくつもりです。