夢をつかんだ先輩たち

就職活動で夢をつかんだ先輩たちからのメッセージです。

OBの警察官との出会いで、志望を決意。就職課には何度も通いました。
警視庁

警視庁 小林 茉弥さん 法学部(2017年3月卒業)

この職業を目指したきっかけは、警察番組で観た女性警察官への憧れからです。また高校生のときの本学のオープンキャンパスでOBの現役警察官の方からお話を聞く機会があり、本格的に目指すことを決めました。
警視庁の公務員試験は筆記試験が4年生の4月にあり、6月の体力テストと面接を経て、9月に内定をいただきました。
就職活動中に心がけていたことは、なんでも自ら積極的に行動すること。就職課は模擬面接や履歴書の添削、そのほか分からないことなどがあればすぐ利用していましたね。また、同じ職業を目指していた合氣道部の先輩にも相談していました。
将来の目標は、地域の住民の方々に必要とされる警察官になることです

現場の声がきっかけで住宅業界に。インターンの経験も企業研究に役立ちました。

住友林業株式会社 井上 洋平さん 商学部(2017年3月卒業)

志望のきっかけは、社員の方の「お客様の幸せのお手伝いができる」という言葉です。金融業界も志望していましたが、リスク面のある商品を扱う金融に比べ、ポジティブな面に惹かれました。
就職活動中、就職課には履歴書の添削や模擬面接で何度も通いました。対策セミナーで行う、自分の強み、弱みを振り返ることのできる自己分析については、自分の印象を友人に聞くなど客観的な評価も面接で伝えられるようにしました。
また、3年生のときに市役所のインターンシップに参加しましたが、そのとき地域情報を調べた経験が企業研究にも役に立ち、特徴や強みなどじっくり調べてから採用試験に臨みました。
お客様に「井上君でよかった」と言っていただける営業マンを目指し頑張ります

住友林業株式会社