大学案内

学長CrossTalk : 公務員試験合格者(2/3)

学長<佐藤学長> 公務員試験合格を目指す上で、何が役に立ちましたか?
小野崎さん、佐藤さん、村田さんは本学の公務員試験対策講座を受講したそうですが、どのように役に立ちましたか?

[小野崎] 公務員採用試験の範囲は広いので、どこから手をつければいいかを教えてもらいました。また、頻繁に出題される問題を教えてもらえたので助かりました。

千葉県警察本部合格 村田さん[佐藤] 私は、2年生の時から勉強を始めました。授業の後に先生に分からなかったところを聞いたり、講座を一緒に受けている仲間と図書館で面接対策をしたりしました。講座を受けると同じ目標を持った仲間と出会うことができるので、心強かったです。

[村田] 公務員試験対策はいざ始めてみると出題範囲が広く、独学で勉強することが難しかったので、途中から公務員試験対策講座を受講しました。苦手な分野についてアドバイスをもらったことが、合格につながったと思います。

[御山] 私は、当初民間企業への就職も視野に入れていたので、公務員試験対策講座は受けませんでした。実際に勉強を始めたのは今年の2月に入ってからでしたが、消防士の友人にアドバイスをもらって乗り越えることができました。また、教職課程も履修していましたので、その中で習得した知識が役立つことも多かったです。


東京消防庁合格 御山さん<佐藤学長> ふり返ってみて、合格を決めた一番の決め手は何だと思いますか?

[小野崎] 警察官になることをあきらめず、最後まで勉強を頑張ったことだと思います。そして、あきらめかけた時も、両親や友人が相談にのってくれたことが力になりました。

[佐藤] 筆記は少し自信がありませんでしたが、警視庁に入りたいという誰にも負けない気持ちをアピールできる様、面接対策はしっかりやりました。

[村田] 私も、自分の警察官への思いを全て面接官にぶつけられたことだと思います。

[御山] 筆記試験の結果はあまり満足のいくものではありませんでしたが、論文を高く評価してもらったと思っています。大学の課題で、長い文章を書くことが多かったので、自然と力がついたのではないかと思います。

<佐藤学長> 論文は、勉強してもすぐに身につくものではないですから、1年生の時から地道に授業で学んできたことが発揮できてよかったですね。

 

次のページは、公務員を目指す後輩や高校生へのアドバイスです。