大学案内

学長CrossTalk : 公務員内定者【市役所】(2/3)

商学部情報コース 奥村絵美菜

<佐藤学長> 宮山さんは、空手道部主将を務めました。

【宮山】 実は入学した当初、空手道部は部員がいなくなっていて休部状態でした。そこで、1年生ながら空手道部をPRするチラシを作って仲間を集め、4年間で部員は17名まで増えました。いまは毎日目標に向かって鍛錬しています。部を立て直すことができて、とてもいい経験になりました。

【奥村】 私は高校時代では弓道部でしたが、大学に入学したら新しいことに挑戦したくて、軽音楽部に入部しました。先輩に教えてもらってベースギターを覚え、バンドではボーカルも担当しています。

<佐藤学長> お二人は、プライムセミナーやピア・サポーター等の学生スタッフとしても大活躍でしたね。

【宮山】 ピア・サポーターでは、3年次にリーダーも任され、大勢のスタッフを纏めることの難しさを感じました。プライムセミナーではクイズ大会が盛り上がり、新入生の記憶にも残ったようで後日よく声をかけられました。

【奥村】 4年間携わったオープンキャンパススタッフでは、司会やスクールバスのアナウンスも経験しました。スタッフ・高校生・保護者の方など、たくさんの方と触れあう機会が多かったので、よい経験ができたと思います。

学長対談の様子

<佐藤学長> お二人は特待生としても表彰されました。

【宮山】 授業で分からなかったところやテスト勉強の仕方を、所属していた法制研究室の先輩に教えてもらいました。空手道部は先輩がいなかったので、相談できる先輩がいる研究室にも入室したのですが、その環境を上手く使って効率よく取り組むことができたと思います。

【奥村】 特待生制度は入学時から知っていて、目標にしてがんばりました。2年次と4年次に表彰をいただいて、親孝行ができました。

<佐藤学長> 宮山さんは、学生時代の活躍が認められ千葉県知事賞にも推薦されて、3月20日の卒業式では表彰される予定です。

【宮山】 勉強だけでなく、部活・研究室・学生スタッフとしての活動など、忙しい大学生活でしたが、とても充実していました。それらすべての活動が推薦に繋がったのだと思うと、とても嬉しいです。

 

次のページでは、卒業後の抱負と、後輩へのアドバイスをもらいます。