大学案内

学長CrossTalk : 公務員内定者【市役所】(3/3)

<佐藤学長> お二人とも4年間の学生生活のなかでほんとうにいろいろなことにチャレンジされたのですね。学生時代でないと、これだけの経験をするのは難しいと思います。成績も優秀ですが、授業以外で学んだことも4年間の大きな成長につながっていますね。

【宮山】 ゼミに入ることで、先生のより細かいサポートが受けられましたし、研究室では先輩との繋がりもできました。部活や学生スタッフでは、学部を超えた友人も作ることができました。全ての経験が夢の実現に繋がったと思っています。

学長

【奥村】 私は、大学時代でしかできないことに挑戦しようと思っていました。成長できた4年間だったと思います。

<佐藤学長> 宮山さんは生まれ育った故郷の柏崎市、奥村さんは中央学院大学のある我孫子市に隣接した柏市で市役所職員として働くことになりました。

【宮山】 これからは自分の育ったまちのため、しっかり務めていきたいと思います。

【奥村】 市民の声をよく聞き、暮らしの足もとの小さなことにも目を留めて、市民生活の基盤整備をしっかりと進める仕事に携わりたいと思います。

<佐藤学長> 最後に、公務員を目指す後輩や高校生にアドバイスをお願いします。

【宮山】 大学時代に挑戦したことすべてが、就職活動をする上で役に立ったと感じます。何にでも積極的に取り組んで充実した大学生活を過ごしてほしいです。また、インターンシップなどで役所の仕事への理解を深め、「この職場で自分は何をしたいのか」を明確にすることが大切だと思います。

【奥村】 公務員試験の範囲は広くて大変ですが、コツコツと地道に努力すれば必ず道は開けます。不安もたくさんあると思いますが、やりすぎなくらい徹底的に準備をすることで自信をつけて挑戦してほしいと思います。

<佐藤学長> 学生スタッフとして、高校生、新入生、後輩たちのためにがんばってきた経験が、これからは市民のために活かされることになると思います。お二人の学生生活はまさに他の学生の手本となるものですが、今後は卒業生として、在学生の模範となるようなご活躍を期待しています。今後も、積極的にチャレンジし続けてください。

 

集合写真

本学特待生及び奨学生制度のページはこちら

<おわり>