ご挨拶

 みなさまのご支援により、中央学院大学は創立50周年を迎えることができました。本学は「公正な社会観と倫理観の涵養」を建学の精神として1966年(昭和41年)に千葉県我孫子市に開学しました。開学当初は商学部商学科のみの単科大学としてスタートし、1985年(昭和60年)には法学部を、2006年(平成18年)には大学院商学研究科を設置し、2017年(平成29年)には現代教養学部を開設いたしました。このような大学の発展は、ひとえにみなさまのご理解とご協力によるものであり、ここにあらためて感謝申し上げます。

 開学以来、本学では教職員が学生に寄り添い、学生と語り合う教育を大切にしてきました。3万人を超える卒業生のさまざまな分野における活躍は高い評価を受けています。大学の建学の精神の源は、1900年(明治33年)法人の母体となった日本橋簡易商業夜間学校に遡ります。創立者の高楠順次郎博士は、「誠実に謙虚に生きよ、温かい心で人に接し、奉仕と感謝の心を忘れるな、常に身を慎み、反省と研鑽を忘れるな」という人格形成を重視した教育理念を示し、その理念は本学の教育に脈々と受け継がれております。

 大学創立50周年を迎え、今後はさらなる教育研究活動の充実、学生の学びと課外活動の充実、施設設備の整備充実をはかっていかなければなりません。そのためには多額の資金が必要となります。急激に変化する社会の多様な要請に応えられるような人材を養成しグローバル化する社会において必要とされる力を育てるために、本学では、各学部や大学院におけるカリキュラムの改編や、新しい教育システムの構築等、さまざまな取り組みを進めています。

 半世紀の蓄積のうえにたって、今後も中央学院大学は社会に貢献できる人間の教育をおこなってまいります。つきましては時節柄まことに恐縮に存じますが、以上の趣旨をご理解いただき、創立50周年記念事業に対し多くの方々からご支援を賜りたく、ご協力を心よりお願い申し上げます。


学校法人 中央学院 理事長 進藤 暉彦

中央学院大学 学長 佐藤 英明