第51回あびこ祭 たくさんのご来場誠にありがとうございました!

レポ1 第51回あびこ祭(大学祭)が平成29年10月28日(土)・29日(日)に開催されました。
台風の影響で悪天候の中でしたが、4,290名の方にご来場いただき、様々な年齢層の方が一緒に楽しみたくさんの笑顔が見られた2日間でした。



 レポ2ステージ1日目は、あびこ祭初出演の「並木小学校吹奏楽部」の元気な演奏ではじまりました。「我孫子市ALOHA協会ケイキフラ」は元気な踊りを披露。その後本学の吹奏楽部、軽音楽部、書道部なども続きます。5年連続の出演となる「手賀沼ジュン」ライブでは手賀沼ジュン作詞・作曲のあびこ祭テーマソング『巻き起こせ!CGU旋風』を皆で振り付きで熱唱!!また4年ぶりの出演となる我孫子生まれのシンガー「三令-mirei-」がパワフルにステージを盛り上げてくれました。「和牛」「もう中学生」のお笑いライブでは爆笑の渦に包まれ、その後のサイン色紙じゃんけん大会ではここでしかもらえないサイン入りCGUオリジナルタオルを賭け真剣勝負となりました。

 

 レポ3
 2日目は、本学フォークソング部、チアリーディング部が場を盛り上げ、あびこカッパダンスキッズがダンスを披露。そして今夏結成されたばかりの我孫子の放課後アイドル「手賀沼サンセット」が元気にパフォーマンス、その後現役女子高生バンド「GIRLFRIEND」 が力いっぱい歌声を響かせ盛り上げます。最後を飾ってくれたのは「感覚ピエロ」。豪雨のなかでしたが、台風に負けない歌声と熱いメッセージで会場を沸かせました。

 

レポ4 今回の特別イベントは駅伝部監督の川崎勇二監督による講演。駅伝部が箱根駅伝常連校の一端となった取り組みなど、普段は耳にすることのできない内容を聞きに、たくさんの方がお集まりいただけました。アカデミック企画として、本学の商学部、法学部、現代教養学部それぞれの先生による、学部の特徴を活かした企画を立ち上げました。中でも法学部企画「CGU大捜査線」は参加者が捜査員となって法の知識や科学捜査をもとに犯人を逮捕するという趣向を凝らした内容となっており、子どもたちに大人気の企画となりました。

 

レポ5 さらに子どもたちに大人気だったのが、卒業生によるバルーンアート、エサやりも体験できるふれあい動物園。キッズアスレティックスやスナッグゴルフ、キックターゲットなどの身体を動かすことができる体験型企画もとても人気があり、大学マスコットキャラクターの「ちゅーいんこ」や「チーバくん」、「手賀沼のうなきちさん」などのゆるきゃらも来場者との記念撮影に引っ張りだこでした。

 

 レポ6模擬店は学生団体だけではなく、「あびこマーケット」として我孫子市内の方々にも出店していただき、我孫子グルメを楽しんでいる方もたくさんいらっしゃいました。先生方による出店「Teachers’café」では、手動の焙煎機でコーヒー豆を煎る姿など、普段の授業では見られない先生方の様子があり、また卒業生が先生を囲んで話をするなどアットホームな雰囲気に包まれていました。

 

 今年のあびこ祭も、地域の方々のたくさんの支えにより盛況のうちに幕を閉じました。この場をお借りして心よりお礼申し上げます。来年もさらに充実したあびこ祭を開催できるよう頑張りますので、第52回あびこ祭もどうぞお楽しみに!

第51回あびこ祭の様子


























中央学院大学公式twitterへ掲載しているツイートの一部です。