在学生の声【スポーツキャリアコース】

部員全員で力を合わせ、
明治神宮野球大会への出場を
目指します。


原 与晋(はら ともゆき)さん
商学部商学科 スポーツキャリアコース 4年生
島根県私立出雲西高等学校出身
硬式野球部 投手

甲子園を目標に、中学・高校時代、投手として野球に打ち込んでいました。しかし高校3年の夏、最後の県大会前に、なんと利き腕の肘を骨折。卒業後は社会人野球に進むことも考えていましたが、以前ほど球速が戻らず大学野球で一から鍛え直すことにしました。中央学院大学は、高校の野球部の監督が勧めてくださいました。高校時代と異なり、中央学院大学の硬式野球部は課題を見つけ、徹底することを重視しています。コントロールを良くしたい、球速を上げたい、球種を増やしたいなど、課題を見つけなければ成長はありません。そんな環境で鍛えられ、選手としても人間的にも格段に成長できました。卒業までの目標は明治神宮野球大会へ出場すること。自分のピッチングで、チームを神宮に導きたいと思います。
商学部商学科スポーツキャリアコース 原 与晋さん
4年間の集大成として、全員野球で全国の舞台へ!
商学部商学科スポーツキャリアコースの学生2
将来、整形外科などで働くことを目標に、医療事務の資格取得に挑戦中です。
卒業までに、チームを
関東大学バレーボールリーグ1部に
昇格させたいです!


髙仲 真衣(たかなか まい)さん
商学部商学科 スポーツキャリアコース 4年生
東京都立杉並総合高等学校出身
バレーボール部女子 学生コーチ


高校3年生の夏、進路を決めかけていた時、中央学院大学のバレーボール部女子の監督からお誘いが。嬉しかった反面「私で大丈夫なの?」と不安もありました。とは言え、中学・高校と続けていたバレー。高校のバレー部の監督にも勧められ、中央学院大学へ進学してバレーを続けることにしました。入学後は3年生の秋まで選手として活動。ところが、肝心の肩をケガしてしまい、今後のことを監督に相談したところ「プレー以外にもできることはたくさんある」と学生コーチを勧められました。最初は戸惑いましたが、次第に選手の頃より周りが見えるようになり、チーム愛が深くなりました。バレー部女子は、今年の春、3部で優勝し2部に昇格して、みんなで号泣。この秋は、チーム30人をより結束させ、1部昇格を決めて、みんなで感動の涙を流したいです!

筋肉・フィットネスから
経営・ビジネスまで。
スポーツの広い世界を学べるのが
魅力です。


藤野 航太(ふじの こうた)さん
商学部商学科 スポーツキャリアコース 3年生
千葉県私立中央学院高等学校出身

幼稚園・小学生時代はサッカー、中学・高校・大学はバドミントン部。これから始めるバイトもスポーツショップのスタッフ。自分の人生まるごとスポーツづくし!だから中央学院大学の商学部に進学する際も、スポーツキャリアコースしか考えられませんでした。スポーツキャリアコースの学びは、筋肉・フィットネスから経営・ビジネスまでスポーツを幅広く、且つ多彩にとらえているのが特徴。スポーツを行うという視点だけでなく、トレーニング、指導、販売、イベント運営、企画など多角的に物事を見ることができ、多くの発見があります。そうした学びがあるため、トレーナーや指導者、スポーツ関連企業を目指すなど、将来の選択肢も豊富。私自身は教員を目指していますが、教職課程の先生が素晴らしく、教職課程を履修して良かった!と思えるぐらい。大学の学びや人に、私は大満足です。

商学部商学科スポーツキャリアコース 藤野 航太さん
現在、高校の社会科教員を目指して勉強中。部活の顧問にもなりたいです!