2022.06.16 (木)TOPICS法学部

「我孫子市社会福祉協議会によるボランティア講演及び車いす体験」実施報告

6月2日(木)、9日(木)に、法学部 非常勤講師 中䑓 由佳里(なかだい ゆかり)先生の授業「NPO・NGO論」にて、我孫子市福祉協議会の担当の方をお招きしました。

6月2日(木)の講演では、ボランティアの基礎知識としてボランティアとは「自ら進んで行う=自発的」に行うことや、ボランティア活動を通して「喜び」や「輪が広がる」など、ボランティアの魅力についてお話いただきました。
その後、2グループに分かれ「助け合い体験ゲーム」を行いました。ゲームの内容は困りごとのかかれたカードを使い、グループの1人がカードに書かれた困りごとを、その他の人それぞれに声かけをして助けてくれる人を探すというものです。学生たちも笑い声がとびかうなか、ゲームを行いボランティアについて楽しく体験ができました。

NPO・NGO論(我孫子市社会福祉協議会)①

我孫子市社会福祉協議会の方講演

NPO・NGO論(我孫子市社会福祉協議会)②

助け合い体験ゲームの様子
6月9日(木)には、車いすの乗せ方や操作方法などを説明いただき、学生たちによる車いす体験を実施しました。

その後、教室から外に出て車いすを使用した階段での操作方法も体験しました。階段での利用は、下の写真のように段の幅が十分に広いことが条件で、階段を車いすで上がる際は、段のぎりぎりまで後輪を移動させてから後輪に重心を移動させ、そのまま地面と平行な前方に向けて力を向けると上手に移動することができるそうです。もし段が狭い場合は右下の写真のように車いすを持ち上げます。持ち上げる際の注意点としては、車いすの動かない部位を持ち、運ばれる方と運ぶ人が声を掛け合って安心してもらうことが大切だという説明をいただきました。

NPO・NGO論車いす体験②

NPO・NGO論車いす体験③

車いすの階段利用の様子

NPO・NGO論車いす体験④

     車いすを持ち上げている様子
<お問い合わせ先>
部署:企画課
電話:04-7183-6517