お知らせ一覧

【法学部】保護観察官 富川類氏による特別講演 開催報告

【TOP】ニュース

2018年12月7日

保護観察官 富川類氏による特別講演 12月6日(木)、法学部の土屋耕平先生の授業「公務員特別演習Ⅰ」と花房秀一先生のゼミの共催で、東京保護観察所の保護観察官である富川類氏による特別講演が行われました。

 講演では、刑務所や少年院を出てきた人たちが再び社会に戻っていくための手助けをする更生保護について詳しくお話をしていただきました。刑期を終えて社会復帰を果たしたものの、家族や身元引受人がいなかったり、住居がなかったり、あるいは就労・就学が出来なかったことなどにより、再び罪を犯してしまう人がいます。保護観察官が行う更生保護とは、そのような人たちがスムーズに社会に復帰できるようにするために定期的に面接を行い、就労などの手助けを行う仕事です。

保護観察官 富川類氏による特別講演 この他にも、実際に公務員になった場合のメリットやデメリットなど、自身の体験に基づいたお話をしていただきました。また講演終了後には、学生からの質問を丁寧に受けていただきました。

 公務員を目指す本学の学生たちにとって、貴重なお話を伺う機会となりました。

富川 類 氏 プロフィール
2002年 青山学院大学文学部史学科卒業保護観察官 富川類氏による特別講演
2006年 法務省入省
     さいたま保護観察所勤務
2009年 横浜保護観察所勤務
2011年 静岡保護観察所勤務
2018年 東京保護観察所勤務

部署:企画課
電話:04-7183-6517