学校法人中央学院
    School corporation Chuo Gakuin

      法人創立125周年記念事業

       学校法人中央学院は、1900年(明治33年)10月1日、東京日本橋蛎殻町に開校された日本橋簡易商業夜学校を前身とし、2025年(令和7年)に創立125周年を迎えることになりました。
       1948年(昭和23年)に中央商業学校の後身である中央高等学校(現中央学院大学中央高等学校)のほか、1951年(昭和26年)に中央商科短期大学(2001年(平成13年)廃止)、1966年(昭和41年)に千葉県我孫子市に中央学院大学、1970年(昭和45年)には中央学院高等学校を設立し、現在、1大学2高等学校を有する総合学園となりました。
       今日の発展を遂げましたことは、地域社会の皆様、本学院で学ばれた先輩諸氏や学生生徒並びに保護者の皆様、学校教職員・関係者の献身的な努力のご支援・ご協力の賜物と感謝申しあげます。
       創立125周年記念事業を遂行するため、2022(令和4)年5月25日開催の評議員会でご意見をお聴きした後、理事会決定された『学校法人中央学院創立125周年記念事業部会』が編成されました。記念事業部会は、「運営本部」「建設部会」「周年史部会」「寄付金部会」の4部会で構成され、各記念事業に取り組むことといたしました。

      法人創立125周年記念事業運営本部

      法人創立125周年記念事業運営本部
      前列右から 内藤常務理事(寄付金部会長) 市川常務理事(周年史部会長) 椎名理事長(運営本部会長) 冠地常務理事(建設部会長) その他関係者(事務方)
       2022(令和4)年6月8日に事業部会の母体となる「運営本部」を立ち上げ、まず、学校法人創立125周年記念事業の概要確認や運営方針について検討が行われ、本学院のさらなる発展をめざし、100周年記念事業の際のスローガン「世紀を越えて つながる伝統」を継承し、ロゴマーク案も採択され、未来に向かって進んでいくことが確認されました。
       2022(令和4)年6月1日に開催された学長主催の「学校法人中央学院 中・長期計画第2期中期計画説明会」にお集まりの教職員の皆様には、理事会にて決定された記念事業の概要説明資料を提供いたしましたが、先ずは第一報をここにご案内させていただきます。
      引き続き、ご協力をお願い申し上げます。
      2022(令和4)年6月8日
      学校法人中央学院創立125周年記念事業部会運営本部会長
      椎 名 市 郎

      125周年記念事業ロゴマークについて

      HPバナー学校法人中央学院創立125周年記念事業ロゴ

       学校法人中央学院は、2025(令和7)年10月1日に、創立(学校起源)125周年を迎えます。
       6月8日に開催された創立125周年記念事業運営本部において、100周年記念事業の実施時のロゴマークを基に、新たなロゴマーク案が内定しました。その後、6月15日に開催された法人役員会議での意見も取り入れ、正式採用されました。

      部会活動報告

      1.運営本部

      第1回運営本部会 主な議題(2022年6月8日)
      • 学校法人中央学院 法人創立125周年記念事業の運営方針について
      • 法人創立125周年記念事業 寄付金募集趣意書(案)について
      • 法人創立125周年記念事業のロゴマーク(案)について

      2.建設部会

      大学部門

      第1回部会 主な議題(2022年6月15日)
      • 部会構成確認、コアメンバーの選任について
      • 検討状況の報告について
      • 今後のスケジュールについて

      高校部門

      第1回部会 主な議題(2022年6月22日)
      • 部会構成確認、コアメンバーの選任について
      • 中央学院高等学校の建築物の現況について
      • 今後のスケジュールについて

      3.周年史部会

      第1回部会 主な議題(2022年6月22日)
      • 部会構成確認、コアメンバーの選任について
      • 法人創立125周年史制作の基本コンセプトについて
      • 資料収集・整理(アーカイブ)について
      • 今後のスケジュールについて

      4.寄付金部会

      第1回部会 主な議題(2022年6月14日)
      • 部会構成確認、コアメンバーの選任について
      • 寄付金募集趣意書(案)の内容確認について
      • 寄付金募集リーフレット(案)の内容確認について
      • 寄付金募集要項(案)について
      • 今後のスケジュールについて