キャンパスライフ
Campus Life

短期海外研修

短期海外研修のステップ

海外研修で単位修得ができる体験型授業です。(※参加費が必要)
単位認定されるため卒業単位となります。研修先はニュージーランド「ワイカト大学」とアメリカ「メンフィス大学」で隔年で行われます。8~9月の夏休み中に現地で2~3週間の語学研修を行いながら、ホームステイまたは派遣大学の寮で生活をします。
ステップ1 「外国文化研究/海外語学研修/異文化社会現地研修」を履修
海外研修が行われる8月まで15コマの講義を受け、現地の地理・歴史・文化等について知識を深めます。
ステップ2 渡航
渡航先の国民性・習慣などを十分に理解したうえで語学学習および現地での交流を大いに楽しみましょう。
ステップ3 研修報告書を作成、成果報告会
帰国後は授業が再開され、研修報告書を作成し提出します。成果報告会で発表し、研修プログラムは終了となります。

外国文化研究・海外語学研修(商学部・法学部)

海外研修で単位修得ができる体験型授業です。(※参加費が必要)
単位認定されるため卒業単位となります。研修先はニュージーランド「ワイカト大学」とアメリカ「メンフィス大学」で隔年で行われます。8~9月の夏休み中に現地で2~3週間の語学研修を行いながら、ホームステイまたは派遣大学の寮で生活をします。

留学体験記

2015年度 ニュージーランド「ワイカト大学」外国文化研究(海外語学研修)の体験記です。
楽しく実用的な英語が学べました
商学部2年
ワイカト学生1
中学から高校レベルの英語を用いて、実用英会話を学びました。担当の先生、Rosanna先生は私たちにはっきりとした口調で話してくれたり、ジェスチャーを使い説明してくれたりと、あらゆる手段で様々なことを教えてくださいました。はじめの段階では基礎的な日常会話の勉強でしたが、一週間が経った頃から内容が徐々に難しくなり、名詞、動詞、形容詞の使い分けなどといった文法構成における基礎的内容へとレベルアップしていきました。しかしRosanna先生の授業は毎回、ゲーム方式の授業だったため、英語の難しさや苦手意識を感じずに積極的に取り組むことができたし、楽しく学ぶことができました。私はこの、楽しく実用的な英語を学べたということが一番良かったと感じています。
ロトルア地方観光は最高でした
商学部2年
ワイカト学生2
ロトルア地方に観光に行ったときには、先住民マオリのダンスをみて、その中でもラグビーニュージーランド代表ALL BLACKSが試合前に踊っていることで有名な「ハカ」を見ることができてとても興奮しました。その他には、羊の毛狩りや間欠泉を見ました。ニュージーランドで一番楽しかったリュージュというアクティビティをすることができて観光は最高でした。また、ゴルフをしたり、乗馬体験をしたり、現地の大学生とボーリングやビリヤード、パターゴルフをしました。とても充実して最高の体験ができた2週間になりました。
兄弟ができたような気持ちです
法学部2年
ワイカト学生3
私のホームステイ先の家族はとてもフレンドリーだったので、すぐ仲良くなることができました。お父さんとお母さんはとても優しく、常に私のことを気にかけてくれました。英語の話せない私にもよく話しかけてくれ、私の片言の英語も理解しようとしてくれました。子供たちはとても元気でいつも「遊ぼう!!」と誘ってくれました。私はニュージーランドで兄弟ができたような気がしてとても嬉しかったです。またニュージーランドに帰りたいと思えるホームステイでした。

異文化社会現地研修(現代教養学部)

海外への現地研修で単位修得ができる体験型授業です。(※参加費が必要)
単位認定されるため卒業単位となります。研修先はモンゴル・中国・台湾・韓国にて毎年変更しながら現地研修が行われます。異文化社会を体験し、異国の人々と共存できる人間力が身につきます。