キャンパスライフ
Campus Life

情報システム利用案内

パソコン利用案内02

パソコン利用について

1.スタディールーム(6号館7階)

平日のみ利用可能です。
○詳細なスケジュール: 今月来月 (開放日程は変更になる場合があります。)
期間時間備考
授業期間8:40~20:00 
夏季休業期間9:00~15:508/10~8/16 閉室
冬季休業期間9:00~16:5012/29~1/8 閉室
春季休業期間9:00~16:50パソコンヘルプデスクの窓口は17:00までです

2.自習スペース(6号館8階)

オープンスペースのため自由にお使いいただけます。
利用時間8:30~20:00 (平日のみ)
利用環境パソコン2台、カラープリンタ、スキャナ

自習スペース

3.パソコン教室

2019年度前期 自習用開放教室
曜日時限開放教室
1~3時限673教室
5時限671教室
1~2時限672教室
3時限674教室
5時限673教室
1~2時限672教室
4~5時限673教室
1~3時限671教室
5限671教室
1~5時限671教室

4.図書館

図書館の開館時間内に利用可能です。図書館内で利用できる貸出用のノートPCもあります。
詳細については、図書館の開館日程及び、利用方法のページをご覧ください。

5.学内Wi-Fi(無線LAN)について

ノートPC、iPad、スマートフォンなど下記の利用方法にてお使いください。

ご利用について

利用可能エリア

  • 本館(1Fエントランス、121教室、2階ホール、3階、4階フロアすべて、151~153教室、6階コンピュータ研究部室、法制研究室、行政研究会室、経理研究室)
  • 5号館(入口エントランスホール)
  • 6号館(1階フロアすべて、621教室、2階~8階の各ラウンジ、641教室、スタディールーム、自習スペース、9階ラウンジ)
  • 研究棟(全エリア)
  • 図書館(集密書庫を除く全エリア)
  • 学生会館Via(全エリア)
  • クラブ棟(クラブ棟前エリア)
  • 屋外(センター広場、ドルフィン広場)

利用方法

申請等の必要はありませんので、各自設定しご利用ください。
※今まで無線LANを利用されていた方も新たに設定が必要になります。
上記の利用方法や利用エリアで不明な点がありましたら、パソコンヘルプデスク(6号館8階 情報メディア課内)までお問合せください。

卒業生の利用方法

卒業後も所定の手続きにより大学内のパソコンを利用できます。
氏名、住所の明記された身分証明書をご持参のうえ、パソコンヘルプデスク(6号館8階情報メディア課内)までお越しください。(年度更新)

利用上の注意点

1.ユーザーID(利用者番号)とパスワードの管理

大学から利用者に配付するIDとパスワードは、所有者個人が管理することになります。
IDとパスワードで大学のコンピュータネットワークやインターネットを経由して学外のネットワークを使う場合、IDとパスワードで所有者の認証が行なわれているため、ネットワーク上の行為や情報発信はID所有者の責任において行なわれていることになります。もし、自分のIDとパスワードを他人が使った場合は、想像以上の危険があることを認識してください。

2.個人用ディスク使用量の注意

個人用ディスク(メールやHドライブ)の使用量は500MBです。500MBを越える人はメールの送受信ができなくなりますので不要なメールはまめに削除してください。

3.印刷時の注意

印刷ボタンを押すと、必ず印刷されます。
印刷する必要がなくなった場合は、パソコンヘルプデスクまでお知らせください。
印刷するもの(大きな画像や何十枚もの文書など)によっては、プリンタへ指令が届くまで、かなり時間を要する場合もあります。
他の人たちの迷惑にもなりますので、大量の印刷をしたい場合は、パソコンヘルプデスクまで相談してください。

4.USBメモリを使用する時の注意事項

(1)USBメモリには、氏名や学籍番号を書いておくこと。
USBメモリの忘れ物が非常に多いです。
個人が特定できれば、取りに来た時に渡すことができます。
PC・CALL教室・スタディールームでの忘れ物は、学生課で保管しています。

(2)USBメモリは、手順を守って取り外すこと
USBメモリを手順通りに取り外さないとエラーメッセージが表示されることがあります。
またパソコンの操作途中でUSBメモリを取り外すと、ソフトウェアのチェック機能や自動保存機能が正常に作動しないので、ファイルが破損する場合があります。
取り外しの手順が不明な場合は、パソコンヘルプデスクに聞いてください。
または、パソコンの電源を切ってからUSBメモリを取り外してください。

(3)ファイルはバックアップすること
USBメモリも故障します。ファイルはバックアップしておきましょう。
破損したファイルを復旧することは、基本的にできません。

(4)重要なファイルは暗号化すること
USBメモリを紛失した場合、暗号化などの対策をしないと、他人に重要な情報や個人情報が見られてしまいます。暗号化の方法は、パソコンヘルプデスクに聞いてください。
または、暗号化などのセキュリティ機能が付いたUSBメモリを使用してください。

(5)コンピュータウィルス感染に注意すること
パソコン教室などのパソコンにはウィルスセキュリティソフトが導入されています。
ウィルスが検出されたら、パソコンヘルプデスクにご連絡ください。

(6)USBメモリとは
保存されている内容(ファイル)を容易に書き換えができる、不揮発性の半導体メモリーです。
パソコンのUSBポートに接続してデータを読み書きできる記録メディアです。
小型・軽量で、他の記録メディアと比較して衝撃にも強いので、持ち運びが容易なことが特徴です。

情報システムに関する利用規程及び細則

利用申請書(教員向け)

申請が必要な利用について
PC利用に関する各種申請書についてのご案内です。
申請書及び必要なソフト・マニュアル等がダウンロードできます。
各種申請にあたっては、以下の「利用規程」・「利用細則」を読み、十分に理解し遵守してください。
提出先はパソコンヘルプデスク(6号館8階情報メディア課内)です。

お問い合わせ

パソコンヘルプデスクについて
パソコンヘルプデスクは、情報メディア課内にあります。
専門スタッフが常駐し、パソコン利用の案内や、操作方法等のサポートを行います。
中央学院大学 パソコンヘルプデスク(6号館8階情報メディア課内)
受付時間: 8:30~18:00
TEL:04-7183-6512
E-mail: