図書館
    Library

      各種サービス

      入館手続

      入館する際は、学生証・教職員証・図書館利用証が必要です。
      自動入館ゲートから入館してください。
      利用証がない方は入口でスタッフにお申し出ください。

      自動入館ゲート

      自動入館ゲート

      貸出

      貸出
      借りたい資料と学生証(利用証)を持参し、カウンターか自動貸出機で貸出手続きをしてください。

      視聴覚資料の貸出
      DVD・CD 等の資料を館内利用する場合は、利用したい資料と学生証を持参し、力ウンターで貸出手続きをしてください。

      自動貸出機

      自動貸出機

      貸出冊数・期間

      学内者

      区分図書貸出期間雑誌貸出期間CD貸出期間DVD
      1年~3年生10冊14日1冊3日2枚3日館内利用のみ
      4年生10冊30日3日3日
      大学院生20冊30日3日3日
      科目等履修生・聴講生10冊14日3日3日
      教職員50冊180日8日8日

      学外者

      区分図書貸出期間雑誌視聴覚資料
      講座受講生10冊14日館内閲覧のみ館内利用のみ
      卒業生5冊館内利用のみ
      我孫子市民5冊不可
      TULC所属3冊不可
      ※雑誌・CD の貸出期間は貸出日を含む日数です。
      ※集密書庫内の雑誌のバックナンバー・紀要は貸出できません。
      ※視聴覚資料の館内利用は、1回に1点です。
      ※長期休業期間の貸出については、その都度ご案内します。
      ※【禁帯出ラベル】【赤色の請求記号ラベル】が貼ってある資料は貸出できません。

      返却

      カウンターへお返しください。
      閉館している時は入口右にあるブックポスト(図書返却用)へ投函してください。
      ※館内で利用した資料は、返却台へ返却してください。
      ※返却が遅れた場合は、延滞した日数分貸出停止になります。

      更新手続(延長)

      貸出中の図書館資料の貸出期間は予約が入っていない場合に限り、延長することができます。
      期間は、更新手続をした日を起点として延長されます。
      但し、返却期限を過ぎていない場合に限ります。
      ※雑誌とCD は、貸出期間の延長ができません。
      ※マイライブラリを利用すると、1回までは来館せずに延長することができます。
      ※電話では受付しておりませんのでご注意ください。

      予約

      利用したい図書館の資料が貸出中の場合は、OPACから予約ができます。
      返却され次第ご連絡します。取り置き期間は図書館から通知した日から一週間です。

      学習室の利用(学内者のみ)

      グループ学習室
      グループ学習室は3室あり、3名以上から利用できます。
      各部屋には1台ずつパソコンが設置されています。
      利用希望者は3名以上で、カウンターで学生証または教職員証を呈示してください。
      • 学習室A・B:12名定員
      • 学習室C:8名定員

      グループ学習室

      ラーニングルーム
      テーブル付きミーティングチェアと電子黒板があり、ディスカッションやグループ討論、ゼミ発表の場として利用できます。
      原則教職員のみ予約が可能です。利用する際はカウンターで教職員証を呈示してください。
      • 32名定員

      ラーニングルーム

      パソコンの利用(学内者のみ)

      パソコンコーナーのデスクトップ型パソコンは空いているところをご利用ください。
      ノートパソコン・iPad は貸出手続が必要です。カウンターへ学生証を呈示して手続きをしてください。
      蔵書検索(OPAC)専用のパソコンは2~4階にあり、学外者も所蔵を調べることができます。

      パソコンコーナー

      複写(コピー)

      図書館の資料をコピーするときは、所定の「文献複写申込書」に記入の上、著作権法の許す範囲内でコピーしてください。
      コピー機は1階・3階に設置してあります
      料金は1枚10円です。

      【著作権法の範囲】
      • 目的が調査・研究のためであること
      • 著作物の一部分(半分以下)
      • 1名につき1部のみ( 但し、教員が講義で利用する場合は複数枚可)
      • 逐次刊行物(雑誌・新聞)の最新号は複写できません。

      複写(コピー)機

      複写(コピー)機

      資料相談(レファレンス)

      レファレンス力ウンターでは、図書館の利用方法・資料に関する相談等を受け付けています。
      • 調べたい『テーマ』についての文献検索方法や資料の場所がわからない時
      • 所蔵調査・資料の検索(蔵書検索・OPAC 利用法)
      • 学外資料の取り寄せ(文献複写・資料借用) ※学内者のみ
      • 他機関への紹介状の発行 ※学内者のみ
      • 各種データベースの利用方法 ※学内者のみ

      レファレンスカウンター

      レファレンスカウンター

      ガイダンス(学内者のみ)

      レファレンスカウンターでの利用案内以外に、希望する日時で様々なガイダンスを行うことができます。
      図書館施設の使い方をはじめ、資料の探し方や各種データベースの利用方法など、希望する内容にあわせてガイダンスを行います。

      ガイダンス申込方法

      ガイダンスは随時受け付けています。1人でも結構です。
      ガイダンスの申込は、ガイダンス申込書 を記入し、レファレンスカウンターかメールで申し込むことができます。