商学部 商学科
Faculty of Commerce

会計コース

会計コース

数字を感覚で捉えることができる「会計のプロフェッショナル」を育てます

会計コースの学び

[将来の進路]
◉公認会計士・税理士 ◉国税専門官 ◉金融機関 ◉ファイナンシャル・プランナー ◉会計事務所 など

会計を順序立てて学び現状を数値で感覚として捉える力を磨く

会計は収支を計算するだけでなく、企業の活動を株主や従業員、取引先といった利害関係者(ステークホルダー)に説明するためのものです。企業同士を比較検討する際の「指針」にもなります。本コースでは、会計の基礎である「簿記」「財務会計」「管理会計」などの知識を幅広く修得。企業の現状を客観的に数値化し、その判断材料をもとに適切な判断ができる「会計のスペシャリスト」を育てます。

会計コースの学び

ビジネスに対する意欲と好奇心を育てる

例えば、1日の売上が50万円の企業であれば、1週間で250万。1年間働くとすると年商は1億強。その企業でトップセールスマンになるためには、自分は1日でいくら売り上げれば良いのだろうか。このような会計を自分事として捉える見方や考え方は、どんな業界においても活用することができます。会計がもたらす様々な価値を学ぶことで、ビジネスにより深く関わる意欲や好奇心を養います。

あらゆる業界で役立つ資格取得をサポート

会計の基礎でもある各種簿記・会計の検定はもちろん、公認会計士、中小企業診断士、ファイナンシャル・プランナーといった専門職の資格取得もサポートします。会計に関する資格は、経理や財務といった「お金」に関わる業務だけではなく、営業職や経営者にとってもプラスになります。「数字のスペシャリスト」として活躍するための力も修得することができます。
企業や社会を見るための
確かな目を持つことができます。
江村 孝太さん
会計コース
千葉県私立中央学院高校出身
会計コース3年
1年次の簿記の授業をきっかけに、企業の取引を記録し、企業について分析していく会計という分野に興味を持ちました。私のように大学で初めて簿記や会計に触れる人も、会計とは何なのかという基礎から専門的なことまでしっかりと学んでいけます。特に「財務諸表分析」の授業は印象的でした。それまでは知名度で会社の良し悪しを考えていましたが、企業の実態を数値で見ていくことで、収益性などの面まで考えた総合的な判断ができるようになったと思います。将来は企業の営業職や公務員などを考えていますが、どんな分野でも簿記の知識は活かしていけるはずです。就職活動においても、会計的な知識は面接などの場でも興味を持っていただけることが多く、大きな武器になっています。

授業紹介

管理会計総論

寺戸 節郎 教授

管理会計総論

管理会計とは「使う」ことを考えた会計。経営に会計を役立てる力を養います。

管理会計とは、企業や自治体などが意思決定をする際の指針と動機づけになるものです。例えば、豆腐を豆腐のまま売るのか、ハンバーグやプリンにして売るのか。そのどちらが利益を多く生み出せるのかを見極めることができる会計です。この授業では、その管理会計の情報作成方法と活用方法を学びます。基礎となる経済組織内部で生じる経営課題の知識と組織全体の過去情報だけではなく、製品・サービスや部門別の将来情報も分析し、課題解決に活用する方法を修得します。「作る」ことだけを考えた普通の会計とは異なり、「使う」ことを考えた会計なので、将来優れた経営者になることを目指す学生にも役立つ授業です。

所得税税務会計

濵沖 典之 教授

所得税税務会計

効果的かつ効率的な経済活動ができる「合理的経済人」を育てます。

継続的事業体(企業)の立場から所得税法を捉え、その考え方と税務処理の方法を学びます。すべての商取引に関わる税金の仕組みや対処法をしっかり理解させることで、効果的かつ効率的な経済活動ができる「合理的経済人」を養成します。この授業は、皆さんが社会に出る間際で学ぶ会計学の応用編です。前期で取り上げる法人税と併せて、1年間通して学ぶことで企業人に不可欠な税の知識を多角的に身につけることができます。社会や人生に直結する知識を存分に養ってください。