商学部 商学科
Faculty of Commerce

商学総合コース

商学総合コース

商学のすべてを広い視野で学び「新しい価値を生み出すビジネスマン」を育てます

商学総合コースの学び

[将来の進路]
マーケティングを基軸に社会の現場を牽引する人に
◉商社・流通系企業(営業/販売企画) ◉小売業 ◉マーケティングリサーチャー ◉広告代理店 など
 

商学への広い視野

商業・経済・経営・会計といった様々な分野のカリキュラムを通して、商学に対する視野を広げ、興味を深めていきます。流通の仕組み、商品開発のプロセス、マーケティング戦略といった汎用性の高い知識を身につけることができ、将来、様々なフィールドで活躍する土台を築くことができます。

商学総合コースの学び

現場で役立つ活きた知識

商品が消費者に届くまでのプロセスである「流通」とその売り方である「マーケティング」を、その仕組みから専門的知識まで学修。企業での豊富なキャリアを持つ教員による実例も交えながら分かりやすく講義。商業・経済・経営・会計など多くのビジネスの現場で活かせる知識を身につけます。

社会で必要な多彩なスキル

実践的な講義やゼミなどを通して「物事を筋道立てて考える力」、様々な企業や組織などで求められる「聴く力・話す力」や「自分の意見を発信・表現する力」、「リーダーシップ」などのスキルを身につけることができます。就職活動はもちろん、仕事の現場や日常生活でも役に立つ力になります。
幅広く学べるということは
選択肢も広がるということです。
相原 陸さん
商学総合コース
埼玉県立越谷南高校出身
商学総合コース①
商学について幅広く学べることと、興味のあった流通やマーケティング戦略についての授業も多くあったことで、商学総合コースを選びました。企業のインターンシップに参加したり、サークル活動の役員を通してリーダーシップの必要性を実感していましたが、様々な商学の知識は自信につながりました。特に印象的だった授業は「経営学総論」です。気になる会社の企業理念などについて調べる課題があるのですが、会社についてより深く調べることの大切さを学びました。これから就職活動になっていきますが、商学総合コースで身につけた多くの知識をもとに、いろいろな企業に挑戦しようと思っています。

授業紹介

会社法各論

望月 敏江 教授

会社法各論

会社と社会の適正なあり方を考えられる人を育てます。

会社内部の取締役や取締役会の内容についてだけでなく、2018年改訂のコーポレートガバナンス・コードの新たな問題点についても学んでいきます。コーポレートガバナンス・コードとは、企業が公平な経営を行い、外部から見ても経営の透明性が明確になるように定められたものです。株主の権利・平等性の確保、適切な情報開示と透明性の確保などがその内容ですが、世界の動向なども見据えその問題点を明らかにします。将来、社会人として役立つ会社法の知識を身につけ、自ら社会と会社のあり方を考えられる人を育てていくことを目指しています。

流通戦略論

松原 寿一 准教授

流通戦略論

企業でも、自治体でも、生き残りをかけた戦いが始まっています。

メーカーが自社の製品やサービスを消費者やユーザーにどのように供給しているのか。その戦略を知る授業です。具体的
な事例を新聞記事や映像資料を見ながら解説していきます。企業の経営活動を理解することは、就職活動にも、就職後に
も役立つだけでなく、「ふるさと納税」など民間と同じように競争が激化している自治体等でも求められる力です。授業では、
積極的な態度を最も評価しています。前の講義が終わる前から教室の出入り口で待っている学生もいます。企業環境が厳
しくなる中、生き残るための活動をしっかりと理解してください。