商学部 商学科
Faculty of Commerce

商学総合コース

商学総合コース

商学のすべてを広い視野で学び「新しい価値を生み出すビジネスマン」を育てます

商学総合コースの学び

[将来の進路]
マーケティングを基軸に社会の現場を牽引する人に
◉商社・流通系企業(営業/販売企画) ◉小売業 ◉マーケティングリサーチャー ◉広告代理店 など
 

商学への広い視野

商業・経済・経営・会計といった様々な分野のカリキュラムを通して、商学に対する視野を広げ、興味を深めていきます。流通の仕組み、商品開発のプロセス、マーケティング戦略といった汎用性の高い知識を身につけることができ、将来、様々なフィールドで活躍する土台を築くことができます。

商学総合コースの学び

現場で役立つ活きた知識

商品が消費者に届くまでのプロセスである「流通」とその売り方である「マーケティング」を、その仕組みから専門的知識まで学修。企業での豊富なキャリアを持つ教員による実例も交えながら分かりやすく講義。商業・経済・経営・会計など多くのビジネスの現場で活かせる知識を身につけます。

社会で必要な多彩なスキル

実践的な講義やゼミなどを通して「物事を筋道立てて考える力」、様々な企業や組織などで求められる「聴く力・話す力」や「自分の意見を発信・表現する力」、「リーダーシップ」などのスキルを身につけることができます。就職活動はもちろん、仕事の現場や日常生活でも役に立つ力になります。

在学生の声タイトルバー

視野の広い学びで
進みたい道が増えました。
荒川 汐里さん
商学総合コース
千葉県私立西武台千葉高校出身
商学総合コース在学生の声2021
商学総合コースを選んだのは、商学のすべてを学修できるので、社会に出てどの場面でも得た知識を活かせると考えたからです。様々な学びで社会の動きをつかむ広い視野と、柔軟な考え方を身につけて、自分の武器にできればと思います。印象的だった授業は「マーケティング戦略論」です。販売戦略は企業側の利潤追求だけでなく、消費者の需要に応えることで消費者の暮らしにも役立つ戦略だと知った時、物事はつながっているのだと感動しました。高校の頃は保育士志望でしたが、今は保育園の経営にも、一般企業の質の高い働き方にも興味があり、将来の自分のイメージが広がりました。

卒業生の声タイトルバー

このコースで卸売業を知り、
今の仕事へとつながっていきました。
三井食品株式会社勤務
行木 雄嗣さん
商学総合コース 2014年卒業
 
商学総合コース卒業生の声2021
当社は食品卸会社であり、小売業、外食産業とメーカーをつなぐのが仕事です。私は現在、大手スーパー担当で、様々な食品の注文を受けたり、メーカーから新商品を売ってほしいと依頼されたり、また新しい調味料や加工食品を開発し、取引先に食べてみてもらうこともよくあります。商学総合コースを選んだのは商業、経営、会計などの知識を広く学びたいと思ったからです。そんな中で、流通の卸売業についてゼミで学び、卸売業があることで煩雑な仕入れが簡単になる、各メーカーの商品を組み合わせて販売できるなど、存在意義のある仕事であることを知り興味をもちました。学んでイメージした通りの仕事がこの会社にはあって、大学の勉強は役に立つものだと実感しています。

授業紹介

マーケティング戦略論

マーケティング戦略論

マーケティングの戦略手法を知り、あらゆるビジネス体系を学びます。

実際の企業事例を取り上げながら、マーケティングの戦略手法を知り、その知識を現実社会におけるビジネス活動と結びつけながら理解することを目的とします。企業の変革や成長にマーケティングがどう関わってくるのか、利益を生むために製品をどう差別化していくのかを戦略的観点で捉え、論理的思考力や課題解決力を養っていきます。また、獲得した専門知識を総合的、有機的に修得することで、将来ビジネスの現場において実践的に活用していくことを目指します。

流通戦略論

松原 寿一 准教授

流通戦略論

企業でも、自治体でも、生き残りをかけた戦いが始まっています。

メーカーが自社の製品やサービスを消費者やユーザーにどのように供給しているのか。その戦略を知る授業です。具体的
な事例を新聞記事や映像資料を見ながら解説していきます。企業の経営活動を理解することは、就職活動にも、就職後に
も役立つだけでなく、「ふるさと納税」など民間と同じように競争が激化している自治体等でも求められる力です。授業では、
積極的な態度を最も評価しています。前の講義が終わる前から教室の出入り口で待っている学生もいます。企業環境が厳
しくなる中、生き残るための活動をしっかりと理解してください。