商学部 商学科
Faculty of Commerce

経営コース

経営コース

企業や組織の活動や仕組みを実践的に学び、次代を担う経営者やチームリーダーを育てます

経営コースの学び

[将来の進路]
◉起業 ◉製造業(総務・営業・生産管理) ◉経営コンサルタント ◉各種企業(店舗開発・管理) など

あらゆる企業活動を深く、実践的に学ぶ

今、社会に最も影響力を持つのが企業活動です。生産、消費、雇用、文化など社会生活のあらゆる側面に影響を及ぼしています。本コースでは、中小企業や大企業、さらには自治体や非営利組織といった様々な組織が行う活動( =管理)について学びます。例えば、組織の目的である「経営理念」、他社とどう戦うかを決める「経営戦略」、誰を雇っていくら給料を支払うかを決める「人的資源管理」などについて理論と実践の両面から追究していきます。

経営コースの学び

経営者にも、企業の実務担当にも役立つ汎用性の高いスキル

例えば、会計やマーケティングの知識がなければ経営は成り立ちませんし、経済の知識がなければ市場の動向もわかりません。本コースは商学部に所属するメリットを活かし、経営以外の知識も多角的に学びます。将来経営者を目指す人はもちろん、企業で実務を目指す人にも役立つスキルを修得。経営学検定や日商簿記検定など、経営に関する資格取得もサポートします。

企業や組織を支える「人間関係」を学ぶ

企業や組織は「お金」と「人」で回っています。人を雇う時、その相手の気持ちを理解できなければ円滑な経営はできません。チームで課題を解決する際に必要な「コミュニケーション力」など、各種企業や自治体のチームリーダーに求められる様々な素養を育みます。経営学は、人間関係について学ぶ学問でもあるのです。
自分のお店を経営するために役に立つ
ことばかりです。
湯澤 里於さん
経営コース
東京都私立杉並学院高校出身
経営コース3年
中学生の頃から、将来は自分でエステなどの美容系のお店を持ちたいと思っていました。美容系の学校へ行くことも考えましたが、夢の実現のためには多くを学ぶことも大切だと思い、大学に進学し経営コースを選びました。簿記の授業が好きで頑張っていますが、お店を持った時に経理などで役立つと思うと力が入ります。もともと計算は好きですが、わからない部分を先生に質問して明確になると嬉しくなります。ゼミでは、他大学と合同で行われる「ゼミナール討論会」の準備をして「オリンピックの経済効果」というテーマでグループ発表を行い、とても勉強になりました。難しい授業も多いですが、先生方はわかりやすく、面白く教えてくれますし、自分がやりたいと思うことなら、とことん勉強ができる環境があります。

授業紹介

企業の財務活動

増尾 賢一 准教授

企業の財務活動

財務の知識を実践的に学ぶ経験は、どんな企業でも役に立ちます。

本授業では、学生が将来、企業の財務担当者になった時に役立つ資金調達手法や資金運用方法、財務分析手法について講義しています。さらに現場で生じる財務上の諸問題を取り上げて解決方法なども教示しています。特に「収益性」「安全性」の分析は、企業の財務分析上欠かせないものです。学生にはトヨタやホンダといった一流企業の財務諸表を実際に計算してもらうことで、その重要性も学んでもらいます。また経営者を目指す学生にとっても財務の知識は不可欠です。早い段階から携わることで、将来を見通すチカラも身につきます。どの企業に就職しても必ず役に立ちます。この実践的な授業を通して「現場力」を養ってください。

経営学総論

日隈 信夫 准教授

経営学総論

経営の仕組みを、企業の立場から多角的に考えてみましょう。

この授業の目的は、私たちの生活と密接な関係にある「企業の仕組み」を解明し、経営理論の歴史と経営学全般の基礎を学ぶことです。企業の一員として「何をすべきか」「何ができるか」「何をしたいのか」を生産者の視点から考える力を身につけてください。経営学の基礎を全般的に修得できるため、どんな企業に就職しても実力を発揮できるはずです。将来、起業をしたいと考えている人、経営コンサルタントや企業の経営者を目指す人はもちろん、自律的に学習できるビジネス・パーソンとして活躍するために楽しみながら経営を学びましょう。