商学部 商学科
Faculty of Commerce

経済コース

経済コース

多様化する経済の動きを見極め、社会の中核を担う即戦力の人材を育てます

経済コースの学び

[将来の進路]
◉アナリスト ◉シンクタンク研究員 ◉商社・流通系企業(営業・総務・企画戦略) ◉広告代理店 ◉マーケティングリサーチャー など

経済の基礎を商学の知識と併せて修得

私たちの社会は、価格、賃金、税金、金利、為替といった経済的な要素が複雑に絡み合って成立しています。その絡み合った糸を「自分事」に置き換えながら一つひとつ解きほぐしていくのが本コースです。経済の仕組みや歴史、経済政策や財政といった多岐にわたる知識を、商学の知識と併せて基礎から修得。生活の中にどのように活かしていくのかを考えながら、商学の実務能力や経済の専門スキル、資本主義社会を中長期的に見渡すことのできる広い視野を養います。

経済コースの学び

合理的に物事を判断する「方法」を身につける

金融市場の多様化や急速な情報化などの影響で、世界の経済環境は激しく変化しています。このような世界で活躍するためには「方法」を学ぶことが大切です。方法とは、物事を合理的に判断する力。例えば、就職先での上司との関係やコミュニティづくりにも応用できます。いかに物事を合理的に判断し、理解し、課題を解決できるか。将来必ず役に立つ、その「方法」を身につけます。

どんな仕事にも役立つ汎用性の高い学び

経済学は、商学の基礎になる学問であり、誰にとっても必要な学問です。同時に、どんな仕事にも役立つ汎用性の高い学問でもあります。社会が抱える現状の課題に対して「なぜ?」と気づくことができる「注意力」や「問題解決力」などを身につけることで、金融、流通、サービス系企業から営業、総務部門まで、あらゆる業種・業態で活躍できる即戦力の人材を育てます。
自分の「いま」と「これから」を
より深めてくれるのが経済です。
日下 裕基さん
経済コース
千葉県立松戸六実高校出身
経済コース3年
社会の先生を目指していて、そのために必要な知識を学べると思い経済コースを選びました。数学が得意でなくても、わかりやすく経済を教えてもらえるので、安心して学ぶことができます。経済学を学んでから、新聞の記事を読んでいても政策などの理由がよくわかるようになり、学ぶことがどんどん楽しくなってきました。特に印象的だった授業は「経済学史」です。「世界史」が得意科目だったのですが、経済面の歴史を学び、資本主義と社会主義が生まれた背景などを知ったことで、現在まで続く世の中の流れがわかってきて経済にますます興味がわいてきました。ゼミでは少子化問題などについても学びましたが、経済はすべてのことに関わっていて、将来を見る目も養ってくれると感じています。

授業紹介

経済学史

飯島 寛一 教授

経済学史

方法論を学ぶその積み重ねが、未来を見通せる力になる。

私たちの社会は「ヒト・モノ・カネ」の組合わせでできています。その関係と仕組みを理解しておかなければ生活できません。この授業では、経済学の歴史から資本主義社会と経済学の意味を学び、「今の日本経済がどちらの方向を向いているのか」といった問題を考えていきます。その礎となるのが「方法論」を学ぶこと。どのような工夫をしながら問題を解決するのかということです。その方法論をしっかり学んでおけば、社会で様々な局面に直面しても充分に対処できます。また、この授業では自筆のノートを作ってもらいます。自筆で書くことで論理的思考力を養うことができるからです。試行錯誤しながら徹底的に考えてください。その積み重ねが、未来を見通せる能力になるのです。

現代経済政策

菊池 道男 教授

現代経済政策

多様化する経済構造を読み解いて、政治経済への興味を深める。

経済政策とは、国や国民の経済的福祉の増大を目的とした政策のことです。例えば、教育格差などの格差問題。その格差をいかに是正していくのかを経済構造の変動や「今」を読み解きながら考えていくのが、この授業です。政治経済への興味関心を促し、多角的な視野と考える力を養います。日頃から新聞、テレビなどの経済情報や報道されている事柄に対して各国政府がどのように対処しているかを知っておいてください。その行動が政治経済への関心につながります。経済コースの総まとめの授業ですので、社会で活躍できる力が身につきます。