商学部 商学科
Faculty of Commerce

スポーツキャリアコース

スポーツキャリアコース

「スポーツ」と「商学」の知識を武器に社会に貢献できる人材を養成します

スポーツキャリアコースの学び

[将来の進路]
◉各種スポーツ関連企業 ◉各種企業(広報・販売・営業) ◉スポーツジム、地域スポーツ団体等運営スタッフ など

「スポーツ」と「商学」を融合した独自のプログラム

スポーツの急速な商業化に応えるために「スポーツ」と「商学」を融合した独自の教育プログラムです。例えば、チーム運営やグッズ販売といった商学的な視点からスポーツを捉えることで、スポーツビジネスの知識をより深めることができます。マーケティングやマネジメントのスキルはもちろん、トレーニング、栄養学、組織論などの関連する学びも充実。「キャリア=人生設計」と位置づけ、スポーツを通して生涯豊かな人生を送るために有能な社会人を育てます。

スポーツキャリアコースの学び

スポーツを通して「働く価値」を見出す

感動や興奮といった「形のないサービス」を提供するスポーツへの理解を深めることで、働くことの意義や価値を考えます。「スポーツリーダー」などの実用的なライセンスの取得をサポートするほか、ケガや事故といったスポーツの持つ危険性を管理コントロールする知識や、プロ選手の引退後のキャリアを考える講義など、充実のカリキュラムでスポーツに携わる職への道を開きます。

実践的な学びを通して社会に貢献できる人材を

Jリーグなどプロチームの運営現場を肌で感じる体験プログラムや、スポーツクラブとの連携による職業体験ができることも特長の一つです。さらにボランティアへの取り組みや域とのふれあいなどを通して、日本の豊かな「スポーツ文化の構築」のために積極的に貢献できる人材も育成します。
「スポーツ」も「商学」もどちらも
学べるから学びの幅が広がります。
河野 まどかさん
スポーツキャリアコース
茨城県立鉾田第二高校出身
スポーツキャリアコース3年
スポーツキャリアコースを選んだ理由は、「スポーツ」と「商学」を併せて学べるという点です。バレーボールをしているので、体のことを学ぶ「フィットネス概論」は興味深かったです。部活中でも筋肉や骨の動きを意識するようになりました。そのほかにも様々なスポーツの文化や歴史を知ることができるのが楽しいです。プロスポーツをビジネスの視点から捉えた授業も多く、プロとアマチュアの違いや引退後のセカンドキャリアに関する知識を学べたことも参考になりました。これまでは意識していなかったビジネスが身近になったので、もっと商学の知識も吸収してみたくなりました。将来はスポーツに関係する仕事がしたいので、このコースでの学びは絶対役立つと思います。スポーツが好きな方にはおすすめのコースです。

授業紹介

フィットネス概論

村本 伸幸 教授

フィットネス概論

トレーニングの基礎を学んで、運動やスポーツをより楽しく。

トレーニングは競技力の向上、ケガの予防、心理的アドバンテージなどの理由で行われます。この授業は、個人またはチームの目標に応じてトレーニングプログラムを計画的に実施できる力を身につけることが狙いです。最も重要なのは、幼児期から高校生、成人まで、各年齢層の発育発達期に適したトレーニング知識を持つことです。ウェイトトレーニングの実際や、インターバルトレーニング、プライオメトリックトレーニングなどの様々なトレーニング方法を理解して、個々の体力要素の向上に役立ててください。運動・スポーツは健康を維持・増進させる有効な手段です。その重要性を理解して、運動・スポーツの持つ意義を見出していきます。

スポーツ経営論

増山 光洋 准教授

スポーツ経営論

スポーツをビジネスとして学ぶことで、スポーツへの関わりを深めていく。

オリンピックで金メダルを獲得することは、研究開発やモノづくりと同様に、国力を世界にアピールする手段の一つになっています。競技そのものはもちろん、スポーツに関わるビジネスに目を向けることは、これからの社会で必要不可欠であるといえます。この授業では、プロ野球やJリーグ、実業団などの具体例を挙げながら、スポーツ経営の仕組みやお金の流れなどについて学びます。プロとアマチュアの違いや今後の日本スポーツ界を取り巻く環境などについて考えることで捉え方も変わります。この授業で、ぜひスポーツと社会への関わりを深めてください。