商学部 商学科
Faculty of Commerce

情報コース

情報コース

「商学」の知識を備えた即戦力の「情報分野のスペシャリスト」を育てます

情報コースの学び

[将来の進路]
◉IT関連企業 ◉ソフト開発企業 ◉各種企業(情報管理) ◉情報の研究職 ◉教員 など

商学の知識を備えた情報分野のスペシャリストを育てる

本コースでの学びは、経済や会計といった商学の知識を身につけることから始まります。そのうえで、最新のアプリケーションを使い、IT系人材として必要な知識を幅広く学びます。カリキュラムは社会のニーズに合わせて対応。単なるスキルの習得ではなく、スキルを効率的に応用する力も養うことができます。情報を収集し、理解し、利用する「情報活用能力」を身につけて、即戦力として活躍できる「情報分野のスペシャリスト」を目指します。

情報コースの学び

ビジネスの強みになる「プラスα」の学びを

例えば、プログラミングやHP制作、アプリケーションの開発といったスキルは、これからのビジネスに直結する必要不可欠な知識です。実践的な授業やゼミであらかじめ学んでおくことで、社会に出てから役立つ力が身につきます。「ITパスポート」などの資格や情報の教員免許取得のサポートも充実しています。

知識や技術だけではない広い意味での人材育成

一つの能力だけが秀でるのではなく、幅広い知識を身につけることができる場所が大学です。本コースは情報の専門家だけではなく幅広い分野の専門家を揃えています。数学、語学、歴史など多様な学問と併せて学ぶことで、一つの考え方に縛られない柔軟性を持った奥行きと深みのある社会人を育てます。
理論をわかりやすく教えてくださるのでITの知識が深まります。
廣木 毬瑛さん
情報コース
茨城県私立水戸女子高校出身
情報コース4年
情報コースを選んだ一番の理由は、商業と情報の教員免許を取得できるからです。検定対策に重きを置いていた高校での学びとは違い、このコースでは理論的なことを中心に学ぶので知識がより深まりました。「Webデータベース」という授業ではMicrosoft Accessの勉強をしています。先生が実践的に教えてくださるのでMOSなどの試験対策にもつながります。試験対策も通常の授業とは別の時間に設けてくださるなど、学生へのサポートの手厚さを感じます。いずれは先生方の力を借りて、さらに難度の高い資格にチャレンジしたいですね。このコースの学びは社会に出た後、どの職種でも役立ちます。私も学んだことを活かして活躍していきたいです。

授業紹介

経営科学

譚 奕飛 准教授

経営科学

経営の問題解決ができるようになる実践的な授業です。

商品の需要予測や企業の利益を最大にする生産量の決定など、企業経営に関するよくある問題をテーマとして取り上げ、身近にあるITツールを活用して問題を解決するアプローチを学びます。経営科学というと数学的な難しいものと思われがちですが、皆さんが社会に出た時のことを考えて、課題を解決する際に必要な分析力や論理的思考力をつけることにポイントを置いています。計算などで必要なExcelの知識も授業内で身につくため、実社会でも役立ちます。学んだ理論と手法を使って、経営の問題解決ができたという達成感が味わえる授業です。

アプリケーション論

田村 謙次 准教授

アプリケーション論

アプリケーションを自ら動かすことで論理的思考を身につける。

日常生活に欠かせないゲームやSNSといったアプリケーション。その基礎知識や原理を学びます。知識の修得だけではなく、ビジュアル言語であるscratch(スクラッチ)を利用した簡単なプログラミングも行います。実際に自分の手を動かすことで、手順を追って考えるという論理的思考も身につきます。スマホでゲームをしたり、友達とコミュニケーションをとったり、アプリケーションの可能性は今後も広がっていきます。ただ使うだけではなく、自分のアイデアを形にしたい、さらにビジネスにつなげたいと思う人は、ぜひ受講をおすすめします。