法学部 法学科
Faculty of Law

フィールドスタディーズコース

フィールドスタディーズコース

現代社会が抱えている諸問題を「フィールド(現場)」の視点に立ちながら解決方法を探ります

フィールドスタディーズコースの学び

[将来の進路]
◉中学・高校教員 ◉国家・地方公務員 ◉NPO・NGO職員 ◉公益法人・独立行政法人職員 ◉シンクタンク研究員 ◉各種企業 など

フィールドワークを重視した学びで社会に貢献する人材を育てる

地球温暖化や国際紛争、震災と文化財保存、エネルギー問題など、現代社会に横たわる様々な問題を、「地域」「環境」「平和」の3つの視点から考えるのが本コースの特長です。法学の基礎を修得したうえで、フィールド(現場)に自ら足を運び、体験しながら原因と解決法を追究します。未来の子どもたちが幸せに生活できる社会を実現するために必要なことは何か。多彩なフィールドワークを通して仲間と共有し、自ら体験し、考えることで、社会に貢献できる人材を育てます。

フィールドスタディーズコースの学び

「自分で調べ、考え、発表する」ためのスキルを学ぶ

本コースでは「演習」を1年次から必修で設けています。関心を持ったテーマについて学生自らが掘り下げていくことで、必要な情報を分析する「情報処理力」や「取材交渉力」を身につけます。さらにレポート提出や発表の機会を多く与えることで「プレゼンテーション力」や「課題解決力」も養成します。相手の立場になって考え、伝える力が身につくので、社会のあらゆる分野で役立てることができます。

少人数だからじっくり学べる

本コースは教員と学生の距離が密接であるため、きめ細かな少人数教育を受けることができます。学生一人ひとりの興味や関心に合わせた指導で、世の中の役に立ちたいという「意志」と幅広い分野の知見を深めたいという「好奇心」を大切に育みます。中学・高校の社会科教員やNPO・NGO法人への就職もサポートします。
フィールドスタディーズコースでは、
コースの情報や学生の様子などをブ
ログで発信しています。
普段なかなか見ることのできない
「フィルスタコース」の日常を、
ぜひご覧ください!

 

白水フィルスタ

世の中の「今」を自分の目で見て学ぶ
ことで、可能性や視野が広がります。
坂本 慎之介さん
フィールドスタディーズコース
茨城県私立つくば開成高校出身
フィールドスタディーズコース2年
オープンキャンパスで、「法律だけではなく様々なことを学びたい」という希望を教職員の方にお話しし、勧めていただいたのがフィールドスタディーズコースでした。法律の知識を学びながら、社会や地域のことを実際の現場で学べるのが楽しいです。今は長野県栄村の土地の文化や地域史を研究し、昔からある日本の良さを学んでいます。このコースは教員を目指す学生やインターンシップに参加する学生も多いので、みんなで刺激し合いながら学べるのも魅力ですし、「今、何が起きているのか」を自分の目で見て考えることで思考の幅も広がります。その貴重な経験を通して、自分に一番合う仕事を見つけていきたいです。

授業紹介

テーマ演習

谷川 尚哉 教授

テーマ演習

地域とは何か。現地におもむき、自分の目と足で学ぶ。

産業廃棄物の不法投棄に揺れた香川県の豊島で現地調査を行います。住民の皆さんが、いかに巨大な権力(県庁)と闘ってきたのかという経緯を学ぶことで、「住民自治」や「国民主権」、「地域」とは何かということが理解できます。「地域」とは実に多様で、大なり小なり「問題」を抱えています。その「問題」を解決するための努力が、より良い「地域」を形成することになるのです。そのことを実際に現地の人々から学んでください。私たち一人ひとりが「地域の形成者」であらねばならないのです。学生の皆さんも、自分が生活している地域や社会のこと、世の中の動きに関心を持ち、積極的に関わってください。

平和学

川久保 文紀 教授

平和学

「平和学特別講義」で、貴重な体験談に触れる。

20世紀の戦争の歴史について学び、暴力と平和をめぐる様々な問題について考えるのが本講義です。また、授業だけにとどまらず、「平和学特別講義」を開催し、戦争の経験者や平和を守る活動に取り組む人々から直接お話を聞く機会を設けています。2017年は「我孫子市平和事業推進市民会議」に参加している学生たちによるプレゼンテーションを行ったり、アフガニスタンなどで地雷の除去処理活動に従事されてきた方にも特別講義をお願いしました。本講義では、地球温暖化や貧困と経済格差などにも幅広く目を向け、今日的課題にも対応できる新しい平和学を展開していきます。