法学部 法学科
Faculty of Law

司法コース

司法コース

法律を全般的に学び、生きるために必要な普遍的な力を育てます

司法コースの学び

[将来の進路]
◉弁護士・裁判官・検察官 ◉司法書士 ◉社会保険労務士 ◉国家・地方公務員 ◉警察官・消防官 ◉各種企業(法務) ◉不動産業 ◉金融関係 ◉法律事務所スタッフ など

六法の学びを軸に、「生きるための力」を身につける

「法律」を学ぶことは「生きる力」を学ぶことです。その「生きる力」を自信を持って手にするために、法学をしっかり学ぶ土台を身につけるのが本コースです。「六法」を中心とした法の専門知識を幅広く修得すると同時に、学んだ知識を様々な法律関連職(弁護士、検察官、司法書士、行政書士など)に活用する「応用力」、相手の人間性や主張を見極める「洞察力」も養成。広い視野を持った、法律に精通する教養豊かな社会人を育てます。

司法コースの学び

あらゆる世界で役立つ「リーガル・マインド」を育てる

現代社会が直面する様々な問題を法的な思考力で解決する「リーガル・マインド」を育てます。相手の意見に冷静に耳を傾けて、論理的に説得する技術を身につけます。「リーガル・マインド」は、時代や社会の変化に決して左右されることのないコミュニケーション能力です。将来どの方向に進んでも役立つ力を学ぶことができるのも本コースの特色です。

将来を見据えた多彩な進路、資格取得もサポート

裁判官、弁護士、検察官といった法曹界はもちろん、司法書士、弁理士、行政書士といった法律専門職から公務員や一般企業にまで、多種多様な人材の輩出を目指しています。法学検定や宅地建物取引士などの資格試験対策も充実。将来に向けた多彩な選択肢が学び
法律の基礎を学べば学ぶほど、
夢や目標が見えてきます。
丸山 紗季さん
司法コース
茨城県私立つくば開成高校出身
司法コース2年
法律は社会でも会社でも役立つ基礎中の基礎です。特に司法コースでは法に関することを深く学ぶことができます。中でも「家族法」は、結婚や相続といった自分の人生に直結する内容なのでとても興味深く学んでいます。先生方との距離が近いことも、このコースの特長です。毎日の授業のことだけではなく、ふとした疑問や相談事にも親身になってくださいます。将来の夢は、家庭裁判所の調査官になることです。入学当初はまだ明確に目指す目標がなかった私に、たった1年で目標ができたのは充実した学びができているからだと思います。法律の専門家を目指す人はもちろんですが、夢や目標がまだ決まっていない方にもおすすめです。

授業紹介

刑法総論

萩原 由美恵 教授

刑法総論

刑法を広く深く学ぶことで、「守る力」が育ちます。

刑法とは、犯罪と刑罰に関する法律です。この講義では、人が犯罪を犯す理由や国家刑罰権の正当化根拠などについて考えます。今、社会では犯罪が多様化し、刑罰の重さも変化しています。いつ当事者になってもおかしくない時代です。そうしたことから身を守るためには、正しい判断力と適切な処理能力が必要です。最近増えている児童虐待やストーカーなどの事例を取り上げながら「犯罪」の本質に触れることで、人間に対する深い洞察力も身につきます。刑法に関する知識を幅広く得ることは、自分だけでなく家族や会社を守ることにもつながります。ぜひ積極的に学んで「守る力」を育ててください。

憲法Ⅰ

野口 健格 准教授

憲法Ⅰ

物事を論理的に考える力も養う「法学の入門科目」です。

憲法は、法学部生として最低限必要な素養であり、民法や刑法にもつながる「法学の入門科目」です。講義では、皆さんが興味を持てそうな話題を実例に出しながら、まず「憲法がどういうものか」をイメージしてもらいます。法を学ぶ土台となる知識を育むことで、物事を論理的に考える力や詐欺師に騙されないような判断力を身につけてください。法学の学習は登山に似ています。遠くから眺めるのもいいですが、実際に登りきった時の達成感と山頂からの景色は格別です。私と一緒に「法学という山」を登ってみませんか?