法学部 法学科
Faculty of Law

スポーツシステムコース

スポーツシステムコース

「法」の観点から「スポーツ」を学び、地域の安全や健康づくり、活性化に貢献できる人材を育てます

スポーツシステムコースの学び

[将来の進路]
◉警察官・消防官・自衛官 ◉自治体職員 ◉フィットネスクラブ等各種スポーツ関連企業 ◉秘書 ◉事務スタッフ など

「法律」と「スポーツ」をバランス良く実践的に学ぶ

社会のルールである「法律」と、ルールの上に成り立つ「スポーツ」は、どちらも人々の生活に欠かせません。本コースは、法律とスポーツの関係を様々な形で検証する多彩なカリキュラムを用意しています。1年次に法律の基礎を学ぶ授業を、2年次以降にスポーツの専門知識を学ぶ授業を、それぞれバランス良く揃えており、健康で安心できる社会づくりに必要な知識を総合的に養うことができます。JOCナショナルトレーニングセンターや各競技連盟の指導者といったトップレベルの教授陣が学びを徹底的にサポートします。

スポーツシステムコースの学び

充実した多彩なフィールドワーク

スポーツの学びの原点はフィールド(=現場)にあります。スポーツ指導者に必要な知識や、イベントの企画運営や管理・指導といったスポーツマネジメントに活用できるスキルなどを実践的に修得します。トップアスリートが利用する施設の見学や子どもたちへのコーチング指導といった多様なフィールドワークにより、知識だけではなく、行動実践力やコミュニケーション能力も身につきます。

様々なビジネスにも応用できる資格の取得をバックアップ

各種競技の指導者・審判員・技能ライセンスなどの資格取得を支援します。各種インストラクターやスポーツリーダーといったコーチングの資格は、「人に教える」だけではなく、自分の考えを伝え、相手に理解してもらうスキルであるため様々なビジネスにも応用できます。民間企業だけではなく公務員の就職実績も高く、スポーツと法学の知識を兼ね備えた人材は、社会から広く求められています。
スポーツと一緒に学ぶことで
法学が身近になりました。
芝田 奈々さん
スポーツシステムコース
茨城県立守谷高校出身
スポーツシステムコース4年
高校でハンドボールをやっていた経験から、スポーツシステムコースを選びました。法学という観点から、スポーツの知識を深めることができるのが魅力です。トップレベルのコーチでもある先生方が、ご自身の貴重な経験談を交えながらわかりやすく教えてくださいます。「ライフスポーツ論」では、ゴールボールの日本代表選手と一緒にプレーさせていただき障がい者スポーツの意義を学びました。「法学は難しい」というイメージを持っていましたが、スポーツと一緒に学べるのでとても身近になりました。将来は、スポーツイベント会社で働きたいと考えており、法学の学びもきっと役立つと思います。スポーツに偏ることなく幅広く学べるので知識が広がります。公務員や医療事務職を目指す人も楽しく学んでいますよ。

授業紹介

キッズスポーツ論

小林 敬和 教授

キッズスポーツ論

コーチングの基本はキッズスポーツ。こどもたちから学んでください。

この授業は、1、2年次にキッズスポーツに関する資格を取得した学生がフィールドワークとして受講できる選択必修科目です。都内の小学校や公園を訪問し、キッズスポーツのイベントを企画。参加したこどもたちにスポーツを教えることでコーチングの基本を学びます。こどもにきちんと教えられない人が大人を理解させることはできません。こどもの身体特性や発育発達の基礎なども併せて学び、コーチングの知識を深めてください。また先生方や父兄との関わりもあることから「社会性」や「プレゼンテーション力」なども養うことができます。こどもたちとのふれあいを通して経験する実践的な学びは、今後の皆さんの大きな財産となるはずです。

スポーツ・リスクマネジメント論

川崎 勇二 教授

スポーツ・リスクマネジメント論

スポーツが持つリスクを学び、スポーツへの関心を深めましょう。

スポーツは心身の鍛錬だけではなく、人間的成長と人格形成に大きな役割を持っています。しかしながら、スポーツには常に危険性が伴います。ケガや事故などにより、若い選手が引退を余儀なくされたり、スポーツへの参加を断念せざるを得なくなるという例がたくさんあります。このスポーツの持つ危険性を管理・コントロールするのが「スポーツ・リスクマネジメント」です。本講義では、様々な実例をもとに「スポーツ・リスクマネジメント」を理論的かつ実践的に学んでもらいます。スポーツを長く楽しむために何ができるのか考えてみましょう。