法学部 法学科
Faculty of Law

行政コース

行政コース

より良い地域にするための知識を「理論」と「実践」の両面から学びます

行政コースの学び

[将来の進路]
◉自治体職員(県庁/市役所) ◉警察官 ◉消防官 ◉行政書士 ◉弁理士 ◉公益法人・独立行政法人職員
など

法知識を軸に行政を多角的に学ぶ

行政とは、法律などで定められた内容を実行する組織(政府や地方自治体)のことです。本コースでは、行政と住民との関わりについて「理論」と「実践」の両面から学びます。憲法や民法といった各種法律の知識をはじめ、政治・行政、環境、福祉、国際関係など豊富なカリキュラムを用意。我孫子市との連携のもと、地域づくりのノウハウを学ぶこともできます。社会をより正しい方向に導くための知識を身につけ、多角的な視点から問題を解決できる力を持った即戦力の人材を育てます。

行政コースの学び

地域社会の未来に貢献するリーダーを育成する

私たちは誰もが地域の住民として生活しています。地域社会の仕組みや地域が抱える様々な問題について考えることは責務です。例えば、待機児童や高齢者介護、ゴミの不法投棄といった、社会が抱える大小様々な問題に対して、一人の人間として、一人の地域住民として、どう正面から向き合っていくのか。その解決のために必要な幅広い知識を基礎から身につけます。

生涯にわたって役立つ、公務員試験対策が充実

本コースは、本学の中で最も多く公務員を輩出しているコースです。公務員に必要な心構えや基礎知識が学べるのはもちろん、過去問題を徹底的に研究する「公務員特別演習」などの試験対策も充実。公務員になるために必要なすべてのプログラムが揃っています。さらに、その知識を政策として活用するための方法なども学ぶことで、公務員になってからの人生にも役立てることができます。現場の第一線で活躍するOBによる特別講義も充実。同じ目標を持つ多くの仲間も公務員への夢を叶える力になります。
「日本を守りたい」その思いを胸に
まっすぐに進んでいます。
戸ヶ崎 康弘さん
行政コース
千葉県習志野市立習志野高校出身
行政コース2年
警察官を志望していて、「公務員100人構想」の中心コースだと知って行政コースを選びました。公務員になるための講座が1年次からあり、基礎から応用までしっかりと学ぶことができます。もちろん行政についても学ぶので、警察官にとって欠かせない地域の問題などについて理解が深まりました。特に印象的だった授業は「憲法」で、社会の現状との関係を取り上げて、わかりやすく面白く教えていただけたので、とてもよく理解できました。ゼミでは裁判の判例を研究して発表をしています。事件の背景や裁判の流れがわかり、将来に欠かせない知識になっています。具体的な公務員への道が用意されていて、就職してからも必要な知識が身につくのが行政コースです。

授業紹介

公務員論

李 憲模 教授

公務員論

公務員は「人を幸せにできる仕事」。その基礎から学びます。

この授業は、将来公務員を目指す学生を対象としています。前半は、公務員に関する基礎知識や現在行われている公務員改革の意義や方向性などについて学びます。後半は、現職の公務員の方々(市役所職員、警察官、NPO職員など)をお招きし特別講義を行います。公務員の世界をより現実的な形で実感し、「理想の公務員像」を自ら描くことができるような学生になってもらうことが目的です。公務員は安定的な職業という魅力もありますが、その一方で、「人を幸せにできる」という意義深い仕事でもあります。生まれ育った地域のために、大切な人たちのために働きたいと思っている皆さんは、ぜひこの授業で夢をつかんでください。

行政学

土屋 耕平 講師

行政学

学生は有権者。政治や行政を当事者の視点から考察していきましょう。

行政学では、内閣、中央省庁といった政治や行政の制度とともに、法律や予算を政治家、官僚がどのように作っているかなども学びます。当授業の内容は、警察官や市役所などの公務員試験で出題されるため公務員試験対策としても役立ちます。選挙権も18歳に引き下げられ、学生の皆さんは「有権者」として政治を見つめていく立場でもあります。行政活動の実状を理解していくことで、政治に関心を持ち社会問題を多角的に考察できる力を養ってください。現在の法制度や政策が妥当なのかどうか、当事者の視点から考えられるようになってほしいです。