法学部 法学科
Faculty of Law

行政コース

行政コース

より良い地域にするための知識を「理論」と「実践」の両面から学びます

行政コースの学び

[将来の進路]
◉自治体職員(県庁/市役所) ◉警察官 ◉消防官 ◉行政書士 ◉弁理士 ◉公益法人・独立行政法人職員
など

 

多角的な視点と問題解決力

憲法や民法といった各種法律の知識をはじめ、政治・行政、環境、福祉、国際関係など豊富なカリキュラムを用意。我孫子市との連携のもと、地域づくりのノウハウを学ぶこともできます。社会を正しい方向に導くための知識を身につけ、多角的な視点から問題を解決できる即戦力の人材を育てます。

行政コースの学び

地域に必要な幅広い知識

私たちは誰もが地域の住民として生活しています。地域社会の仕組みや地域が抱える様々な問題について考えることは責務です。待機児童やゴミの不法投棄といった問題に、一人の人間、地域住民として、どう正面から向き合っていくのか。その解決のために必要な幅広い知識を基礎から身につけます。

充実した公務員対策

公務員に必要な心構えや基礎知識が学べるのはもちろん、過去問題を研究する「公務員特別演習」などの試験対策も充実。その知識を政策に活用する方法も学ぶことができます。現場の第一線で活躍するOBによる特別講義も充実。同じ目標を持つ多くの仲間も公務員への夢を叶える力になります。
公務員対策をはじめ、幅広い
知識を身につけることができます。
戸ヶ崎 康弘さん
行政コース
千葉県習志野市立習志野高校出身

 
行政コース①
もともと警察官になりたいと考えており、公務員対策の指導が手厚い行政コースを選択しました。「公務員特別演習」では、過去の試験問題をもとに勉強を進めていきます。つまずいていた問題も、先生のアドバイスのおかげでスムーズに解くことができるようになりました。また、ゼミでは憲法をテーマに、先生と一対一で30分程度のディスカッションを行います。事前
に準備をしていたとしても、予想外の質問を投げかけられたり、さらに深い内容について聞かれることもあり、ひたすら答えていくことで学びが深まっていきました。公務員のための知識だけではなく、授業では毎回新しい発見を感じることができ、社会に出てから役に立つ幅広い学びがあると思っています。それが、行政コースの特長です。

授業紹介

公務員論

李 憲模 教授

公務員論

公務員になるという確固たる信念が育っていく授業です。

前期では、日本における公務員制度の仕組みを学びます。後期は、実際に国や地方自治体で働いている国家・地方公務員による特別講義を中心に進め、具体的な業務内容を知ることで、公務員に必要な心得も身につけていきます。この講義を通して、漠然と公務員になりたいと思っていた学生が、確固たる信念を持つようになり、世のため人のために働く決意が醸成されていきます。受講する学生は毎年増え、公務員への関心の高さが窺えます。公務員を目指す学生が多いこともあり、学生同士が切磋琢磨しながら学んでいるのも特長です。

行政法総論

田部井 彩 准教授

行政法総論

公務員から、市民まで、すべての人が関わる行政について学びます。

国や地方自治体はどのように活動し、その際にどのようなルールを守る必要があるのかについて学んでいきます。様々な行政の仕事に共通する原理原則や活動類型を学ぶ上で、なるべく多くの具体例を題材に授業を進めます。警察官・消防官を含めた国家公務員、地方公務員を志望する学生には、将来の仕事に直接関わる内容も多く、身につけてほしい知識が満載です。「行政法総論」は多くの法律に触れ、法的思考力を養っていくことのできる科目だと思います。「学びたい」という気持ちと、「なぜ?」と思う心を大切にしながら学修していってください。