法学部 法学科
Faculty of Law

大久保 輝

准教授
大久保 輝 / OKUBO Teru
学生へのメッセージ
「少しずつ、でも確実に。」
大久保輝
出身大学
日本大学 法学部 法律学科
最終学歴
日本大学大学院 私法学専攻 博士後期課程 満期退学
取得学位
  • 1996年:学士(法学)
  • 1998年:修士(法学)
専門分野
  • 民法(契約法)
主な担当科目
  • 債権法各論
  • 民法II
  • 債権法総論
  • 法学
所属学会
  • 日本私法学会
  • 日本マンション学会
  • 日本法育学会 
現在の研究テーマ
  • 契約の成立における意思について
契約は、意思表示の合致により成立すると考えられています。ところが、明確な意思表示がない場合にも、契約が成立する場合があるとされています(改正民法527条、改正前民法526条2項)。なぜこのように意思表示がなくても契約が成立するのかについて、民法起草者の考えにまでさかのぼって研究しています。
主な教育・研究実績
  • 著書(共著)『インターネットビジネスの法務と実務』三協法規出版(2018)
  • 著書(共著)『財産法入門』学陽書房(2010)
  • 著書(共著)『プライマリー法学』芦書房(2008)
  • 論文「意思の実現についての考察」『中央学院大学法学論叢』 第32巻2号(2019)
  • 論文「民法改正法案97条2項について」『中央学院大学法学論叢』 第30巻2号(2017)
関連情報