法学部 法学科
Faculty of Law

髙村 紳 ゼミ

刑法の奥深さに触れよう
ゼミナールテーマ
  • 3年生専門演習Ⅰテーマ:刑事訴訟法研究
  • 2年生基礎演習IIテーマ:刑法研究

先生のコメント
高校までは、先生の授業を聞いて大事なことを覚える、いわば受け身の学習が主なものだったと思います。しかし、大学のゼミでは自分で問題設定をし、その問題について調査・研究をし、報告をするという、自ら積極的に学習していくことが求められます。このような学習方法は、最初は不慣れで大変だと思うかもしれませんが、少しずつその楽しさに気づいていけると思います。是非一緒に、ゼミを通じて法学の奥深さに触れてみましょう。
髙村紳先生
髙村 紳 TAKAMURA Shin
講師 / 修士(法学)
教員紹介
内容
専門演習Ⅰ、基礎演習Ⅱのいずれも、指定したテキストの中から、自分の興味のあるテーマを設定し、それについて報告・質疑応答をするのが主な内容となっています。専門演習Ⅰは捜査・公判について定めている刑事訴訟法の諸問題、基礎演習Ⅱは犯罪と刑罰について定めている刑法における諸問題を取り扱います。但し、学生が望む場合には、刑法、刑事訴訟法そして法学に限らず、社会における様々な問題を取り扱うことを予定しています。
年間スケジュール
前期・後期ともに、毎週テキストの範囲を指定し、報告をしてもらいます。また、学生の要望によって、判例や別のテキスト、あるいは報道された事件のうち自分が興味のあるものをまとめて、報告をしてもらいます。

ゼミ紹介

少人数ゼミで1つ上のステージを目指そう
ゼミ長 岡本 壮佑さん
髙村ゼミ2019_03
専門演習Ⅰの主な活動は、テキストの内容をまとめて、発表討論を行うこととなっています。現在の髙村ゼミは他のゼミと比べて、ゼミ生が2名の少人数のゼミです。そのため、先生との距離が近いので、法律の解釈や実務について、より深く掘り下げたものを学習することができます。学生が自ら進んで問題設定をしたり、質問をすることで、一人一人のコミュニケーションスキルや、質問や問題に対する対応力を身につけることができるので、自身を成長させ、1つ上のステージを目指す学生にオススメのゼミとなっています。
皆さんもゼミに入ることで、高校とは全く違った勉強の仕方を体験してみませんか。

髙村ゼミ2019_01

髙村ゼミ2019_02