法学部 法学科
Faculty of Law

三宅 篤子

教授
三宅 篤子 / MIYAKE Atsuko
学生へのメッセージ
中央学院大学で法を学ぶことによって、多様な価値観を持った人々を尊重し、友好な関係を築き、他者との紛争を解決(回避)する方法を学び、幸せな人生を歩むための礎としていただきたいと思います。
三宅篤子先生
出身大学
熊本大学法学部法律学科
最終学歴
九州大学大学院法学研究科 民刑事法学専攻 博士課程 単位取得退学
取得学位
  • 1985年:学士(法律学)
  • 1988年:修士(法学)
専門分野
  • 民法
主な担当科目
  • 家族法
  • 民法総則
  • 民法Ⅰ
所属学会
  • 日本私法学会
  • 日本家族〈社会と法〉学会
現在の研究テーマ
  • 現代における相続制度
家族法は、戦前においては家長を中心とする「家」制度を、戦後は近代家族をモデルとして制度設計されていました。現代の家族について、最高裁大法廷決定平成25年9月4日民集第67巻6号1320頁は、「婚姻、家族の形態が著しく多様化しており、これに伴い、婚姻、家族の在り方に対する国民の意識の多様化が大きく進んでいる」と述べています。
また、第一次産業中心であった戦前においては、相続において、「家」の財産、すなわち、家産の承継が重要視されていましたが、家族が多様化している現代においては、個人の財産の承継がどうあるべきかを追究しなければなりません。
このような時代における相続制度の在り方について研究しています。
主な教育・研究実績
  • 判例評論「財産分与審判前の夫婦共有財産である建物の名義人である元夫による元妻に対する明渡請求と賃料相当損害金の請求」『法律時報別冊私法判例リマークス』61号(2020年)
  • 家事裁判例紹介「私立大学進学及び扶養料と養育費の一本化」『民商法雑誌』156巻第3号(2020年)
  • 家事裁判例紹介「面会交流と間接強制」『民商法雑誌』第155巻第2号(2019年)
  • 論文「共同相続と可分債権」『中央学院大学法学論叢』第30巻第2号(宇都宮充夫教授退職記念号)(2017年)
  • 論文「相続と登記」『中央学院大学法学論叢』第29巻第2号(法学部創設30周年記念号)(2016年)
関連情報