法学部 法学科
Faculty of Law

田中 啓行

講師
田中 啓行/ TANAKA Hiroyuki
学生へのメッセージ
「いろいろなことを試して、
打ち込めるものを見つけてください。」
田中啓行先生
出身大学
早稲田大学 法学部
最終学歴
早稲田大学大学院 日本語教育研究科 博士後期課程 単位取得退学
取得学位
  • 2002年:学士(法学)
  • 2006年:修士(文学) 
専門分野
  • 日本語教育
  • 文章・談話論
主な担当科目
  • 日本語実践
  • 公務員特別演習Ⅲ(論文)
  • 日本語Ⅱ(日本語作文1、2)
所属学会
  • 日本語教育学会
  • 専門日本語教育学会
  • 表現学会
  • 日本文体論学会
現在の研究テーマ
  • ノートテイキング、作文執筆の過程の分析
大学の講義を理解してノートを取ることは簡単なことではありません。外国語として日本語を身につけた留学生にとってはなおさらです。そこで、大学生が「どういう内容を」「どういう順番で」ノートに書いているかという「ノートテイキングの過程」のデータを集めて、講義を聞いてノートを取る時に難しいのはどんなことか、日本語が母語の大学生と留学生とで難しさに違いはあるか、ということを研究しています。また、大学生にはレポートなどの文章を書く力が必要です。この点に関しては、大学生が文章を書いている時に、表現の変更や削除など、どういう種類の修正をしているかという「執筆の過程」のデータを分析して、文章を書く時の困難点の研究をしています。これらの「過程」の研究を通して、大学生に必要な理解力や表現力を伸ばすためにはどうしたらいいかということを考えています。
主な教育・研究実績
  • 論文(共著)「日本語学習者による文脈指示対象の特定―中国語・ベトナム語話者が使用するストラテジーの分析―」『埼玉大学日本語教育センター紀要』(2019)
  • 論文(共著)「日本語学習者の講義理解に見られる話段と中心文 ―人文科学系講義の理解データの分析から―」『表現研究』108号(2018)
  • 著書(共著)『どうすれば協働学習がうまくいくか 失敗から学ぶピア・リーディング授業の科学』ココ出版(2018)
  • 学会発表「日本語学習者のノートに書かれた講義の具体例の特徴-ベトナム語母語話者と日本語母語話者との比較から-」第21回専門日本語教育学会研究討論会(2019)
  • 研究費採択「ノートの筆記過程の分析に基づく日本語学習者の講義理解過程の実証的研究」科学研究費補助金基盤研究(C)研究代表者、2017ー2019年度
関連情報
  • 田中 啓行 先生へのメールはこちらへ →