法学部 法学科
Faculty of Law

田中 啓行 ゼミ

日本語【で/について/を通して】考える
ゼミナールテーマ
日本語学に関する知識、日本語や表現を研究するための手法を学ぶ

先生のコメント
法学部で「日本語が専門のゼミ」というと変な感じがするかもしれません。「文学部じゃないの?」と思う人もいるでしょう。しかし、裁判でも議会でも役所でも多くの文書が作成され、また、多くの人が言葉でコミュニケーションを取りながら仕事をしています。法学や行政学を学ぶため、また、こういった分野の仕事に就くために、言葉について深く考えることができる力は重要です。
とは言っても、日本語の研究にはさまざまなものがあります。今年できたばかりの新しいゼミなので、ゼミ生と意見交換をしながら、取り上げるテーマやゼミの進め方などを決め、ゼミを作り上げていきたいと思います。
田中啓行先生
田中 啓行 TANAKA Hiroyuki
講師 / 修士(文学)
教員紹介
内容
このゼミは3年生、4年生を対象にしています。まず、「日本語」をゼミの共通テーマとして、日本語を研究するための手法を学びます。そのうえで、学んだことをもとにして、ゼミ生が興味にあわせて、ゼミレポートで取り組むテーマを自分で決めます。テーマは、法律・行政や社会問題を言葉の側面から考えるようなものから、自分が気になった日本語の表現について掘り下げて考えるようなものまで、幅広く選ぶことができます。
年間スケジュール
3年生は、日本語学に関する知識や研究手法を学びます。前期の最後(7月)に、ゼミ生が自分のテーマについて発表します。後期は、ゼミ生のテーマに合わせて、日本語学の文献を読むなどしてさらに知識を深めます。
4年生は、ゼミレポートの内容を授業で報告します。報告に対する、教員やほかの学生からの意見をふまえて、レポートを修正し、後期の終わりにレポートを完成させます。

ゼミ紹介

日本語を改めて学ぶことが、就活にも役立ちました
ゼミ長 中村 奎太さん
田中啓行ゼミのゼミ長
こんにちは! 私たちのゼミでは「日本語」をテーマとして演習を行っています。普段何気なく使っている日本語をあらためて学ぶことができ、会話のデータを分析するグループワークなどでも新しい発見が非常に多いです。さらに、就職活動や公務員試験の面接時の言葉の選び方や論文や履歴書の書き方なども学ぶことができます。私もインターンシップの際に先生からご指導をいただき、きちんと準備ができました。
このゼミは私たちが一期生のため、これから新たに学ぶことを増やしていこうと思います! 先生との距離も近く、とても楽しいゼミです!

田中啓行ゼミ01

田中啓行ゼミ02