現代教養学部 現代教養学科
Faculty of Liberal Arts

バヤスガラン オユンツェツェグ

准教授
BAYASGALAN Oyuntsetseg / バヤスガラン オユンツェツェグ
学生へのメッセージ
「私達が生活している社会には、人と人との関係に影響する行動様式、伝統や慣習、道徳等の社会規範が存在しています。私たち人間にとって、自らの価値観や人生観、そして異なる文化への理解や尊重、他者とのつながりについて考えることは重要です。他者とのつながりや思いやりの大切さは、東日本大震災やコロナの影響もあり、広く共感を呼んでいます。これらのテーマについて客観的視点に加えて、自分自身の視点も交えて、一緒に考えてみましょう」 
バヤスガラン オユンツェツェグ
出身大学
モンゴル国立大学 国際関係学部 国際関係研究科
最終学歴
日本大学大学院 文学研究科 教育学専攻 博士課程 修了
取得学位
  • 1998年:学士(国際関係学)
  • 1999年:修士(言語学)
  • 2006年:修士(心理学)
  • 2010年:博士(教育学) 
専門分野
  • 道徳教育
主な担当科目
  • 道徳と教育
  • 社会規範と市民
  • 道徳と人間発達
所属学会
  • 日本道徳教育学会
  • 獲得型教育研究会 
現在の研究テーマ
自分自身をみつめ、自分を取り巻く社会と道徳について考える参加型授業を目指しています。慣習的に行われている決まりや、思いやり、幸福感、感謝、自尊感情、共感、自己肯定感、罪悪感と道徳との関連や、日本をはじめアジア諸国の学校教育における道徳教育について関心があります。
主な教育・研究実績
  • 論文「モンゴルにおける「公民・道徳」の時間の実施状況-小学校の教員を対象とするアンケート調査を通じて-」(『東京学芸大学紀要』総合教育科学系Ⅰ第67集、2016年、pp.21-29)
  • 論文「モンゴルにおける環境教育の現状と高校生の環境意識」(『中央学院大学社会システム研究所紀要』 第19巻 第2号、2019年、pp.1-12)
  • 論文「日本版 社会人基礎力の視点によるモンゴル人大学生の能力開発の傾向分析」(モンゴル国立科学アカデミー『科学と生活』誌、第355号、2019年、pp.10-17)
  • 学会発表「モンゴルの学習指導要領における公民教育の変遷と現行カリキュラムの特徴」日本道徳教育学会第95回大会(東京家政大学、2020 年 7 月)
関連情報
  • バヤスガラン オユンツェツェグ先生へのメールはこちらへ →