法学部 法学科
Faculty of Law

白水 智 ゼミ

日本の生活文化を知り、体験する
ゼミナールテーマ
ゼミ論文執筆に向けて各自で興味ある歴史事項について研究する。

先生のコメント
生活文化の体験には、何よりも好奇心と「やってみよう!」というチャレンジ心が必要です。それらがあれば、昨日までとは違った自分にどんどん生まれ変われるでしょう。1年経てば、さまざまな生活能力を身につけることができるようになります。きっと。
白水智
白水 智 SHIROUZU Satoshi
教授 / 修士(文学)
教員紹介
内容
白水ゼミでは、全体テーマとしてゼミ生全員で取り組む課題と、各自でゼミ論文執筆に向けて研究を進めるものとの二本立てで運営しています。今年度の全体テーマは「日本の生活文化を知り、体験する」です。身近な生活文化には、江戸時代やそれ以前から続くものも、現代社会の中で生み出されたものもあります。それらを取り混ぜて、「生きる力」を養えるようにしています。
年間スケジュール
年度初めの恒例「焚き火茶会」に始まり、年度末の「餅つき」まで、さまざまな生活文化の体験を共有します。夏休みには、長野県栄村での田舎生活を知る合宿もあります。季節ごとの体験以外に、4年生はゼミ論文作成に向けての、3年生はゼミレポート執筆に向けての論文講読や準備状況の発表などがあります。

ゼミ紹介

座学では得られない"生きた知識"を身につける
ゼミ長:猪瀬晃太
日本の生活文化をテーマに様々な事に挑戦し体験して行きます。そのため、座学では得られない"生きた知識"を身につける事ができ、自身を成長させてくれます。また、合宿などを通してゼミ生同士の絆も深まり最終的には解散するのが惜しい程になります。そんな白水ゼミは自分を変えたい、座学だけでは物足りないという学生にはとてもオススメのゼミです。

白水ゼミ2019_01

白水ゼミ2019_02