法学部 法学科
Faculty of Law

大村 芳昭(学生サポートセンター長)

教授
大村 芳昭 / OHMURA Yoshiaki
学生へのメッセージ
恐れることなく新しいことにチャレンジする4年間を過ごしてください。
きっと一生涯の宝を手に入れることができるはずです。
大村芳昭
出身大学
東京大学 法学部1類(私法コース)
最終学歴
東京大学大学院 法学政治学研究科 民刑事法専攻 博士課程 単位取得退学
取得学位
  • 1987年:学士(法学)
  • 1989年:修士(法学)
専門分野
  • 国際家族法
主な担当科目
  • 国際私法
  • 国際法
  • 家族法
  • 物権法
  • スポーツ法学概論
所属学会
  • ジェンダー法学会
  • 国際人権法学会
現在の研究テーマ
  • 国際家族法における人権保障
国際結婚など複数の国に関わる家族関係を適切に規律するための法の集合体を「国際家族法」と呼ぶことができます。国際人権法の発展とともに、そのような家族関係を、最も密接な関係を有する一国の法制度の観点からだけ見ることには、限界があることがわかりつつあるように思います。国際家族法を基本的人権の保障という観点から見直し、個々の問題へのアプローチを再検討するような研究に、実は従来から無意識に取り組んでは来ましたが、今後さらに意識して取り組みを続けたいと考えています。
主な教育・研究実績
  • 著書『渉外戸籍・国籍法研究』成文堂(2018)
  • 著書『国際家族法研究』成文堂(2015)
  • 論文「ハーグ条約実施法における管轄の集中」『中央学院大学法学論叢』第32巻 第2号(2019)
  • 論文 "Is the best interest of the child a distinctive criterion?"(M. Ghanizade Bafghiとの共著)『中央学院大学法学論叢』第32巻 第1号(2018)
  • Legal Status of the Child in Japan, Especially in Family Law Matters, in Olga Cvejic Jancic ed. The Right of the Child in a Changing World (Springer International Publishing(2016)
関連情報
  • 大村 芳昭 先生へのメールはこちらへ →